平成25年度の放送
放送:平成26年 2月9日(日)午後1:50〜15:00(70分)
2月7日(現地時間)に開幕を迎えるソチオリンピック。日本選手たちの活躍に大きな期待が寄せられている。NHKアーカイブスでは、3回シリーズで冬季五輪をテーマにした番組を取り上げ、感動のドラマを生み出した競技を中心に秘話を紹介。ソチ五輪に出場する選手たちへエールを送る。

シリーズ3回目は、今回のソチで五大会連続出場を果たした女子カーリングにスポットを当てる。高度な戦略が必要とされ「氷上のチェス」と称されるカーリング。1998年の長野オリンピックから正式競技となり、その後、2006年のトリノオリンピックで7位入賞が話題を呼び、日本代表となった「チーム青森」の選手たちは「カーリング娘」として一躍注目を集めた。今回のNHKアーカイブスでは、トリノ代表となったその「チーム青森」が、前回大会のバンクーバーへの挑戦に密着した番組を紹介。氷上の女性たちの熱い戦いを通して、カーリングの魅力に迫る。また、今回ソチで代表となった「北海道銀行フォルテウス」(メンバーの2名がチーム青森出身)のメダル獲得の可能性なども探る。

ゲスト:
石崎琴美さん(2007年からチーム青森に参加。元日本代表としてソルトレイク、バンクーバーの2大会で活躍するなど、日本のカーリングを広めるのに貢献。現在は実況解説なども行う。)
刈屋富士雄解説委員(NHKアナウンサー/解説委員として、トリノオリンピックをはじめ、数々の大会を見てきた。)
キャスター:桜井洋子アナウンサー



■スポーツ大陸「世界で勝つために〜カーリング チーム青森〜」
(2009年11月15日放送/43分)
バンクーバー五輪への出場を決めたカーリングの「チーム青森」。トリノ五輪後に3人が入れ替わり、新チームとして代表を目指してきた。2009年2月、日本選手権の決勝で延長戦にまでもつれ込む苦戦を強いられる。チームはその後、一人一人の体作りから戦術の見直しなど、さまざまな改革を進め、これまで以上に内容の濃い練習を重ねてきた。国内での合宿、そして海外での大会に密着し、成長していくチームの姿を追った。

■アインシュタインの眼「徹底解剖!チーム青森〜氷上のチェス カーリング〜」
(2008年12月2日放送/44分) ※一部抜粋
滑りながらストーンを投げ、掃除をするようにブラシで氷を掃く姿には、ち密な戦略と高度なテクニックが隠されている。チーム青森の正確なショットをハイスピードカメラで徹底解剖。ストーンの滑りを左右する細かな氷の粒=ペブルとは?ブラシで氷をこするスウィーピングの効果とは?“氷上のチェス”の知られざるテクニックに迫る。

前のページへ 一覧ページへ 次のページへ