平成25年度の放送
放送:平成25年 10月11日(日) 午前0:40〜2:10(90分)


スケールの大きな社会派小説で知られる作家・山崎豊子さんが、9月29日、88歳で亡くなった。
山崎さんは大阪の出身で、大学を卒業後、毎日新聞社に入社し、学芸部の記者として働きながら、当時の上司だった作家、井上靖(イノウエヤスシ)さんの指導で小説を書き始めた。
昭和33年に「花のれん」で直木賞を受賞した後は、文筆活動に専念して、社会派の長編小説を次々と発表。大学病院や医学部が抱える問題点を鋭くえぐった「白い巨塔」や、銀行を舞台に政財界の人間模様を描いた「華麗なる一族」、それに、綿密な調査と取材で中国残留孤児の生涯を描いた「大地の子」など、小説の多くは映画やテレビドラマになった。
平成3年には菊池寛賞を受賞。山崎さんは、70歳を過ぎても精力的に執筆を続け、平成11年に発表した「沈まぬ太陽」は、航空会社を舞台に逆境に立ち向かうサラリーマンの姿を描き、幅広い読者の支持を集めたほか、80歳を過ぎて、外務省の機密漏洩問題に関わった新聞記者を題材に描いた全4巻に及ぶ「運命の人」を発表した。

ゲスト:岡崎栄さん(テレビ演出家) キャスター:桜井洋子アナウンサー


■ドラマスペシャル「大地の子」(1996年放送 総合 59分 最終回)ほか


前のページへ 一覧ページへ 次のページへ