平成25年度の放送
放送:平成25年 9月29日(日) 午後1:50〜3:00(70分)
日本に本格的なテレビシリーズアニメが登場して今年でちょうど50年になる。その始まりは、手塚治虫の人気漫画を原作とする、「鉄腕アトム」。日本最初の本格的な連続テレビアニメだ。アトムから半世紀、日本は世界有数のアニメ大国となり、アニメは「クールジャパン」と世界から注目を浴びる日本の文化の代名詞になった。
手塚は漫画を描きながらアニメ制作にとりかかった。当時、アニメーションをつくる技術は国内にあったものの、テレビで毎週30分の作品を送り続けることは不可能と言われていた。時間、金額、制作者の数が足りない。しかし、手塚は不可能に挑み続け作品を送り続けたのは、子供のころから抱き続けたアニメーションへの夢があったからだ。
番組では、NHKに残る手塚治虫の貴重な映像をふんだんに使いながら、手塚がアニメにかけた思いとは何だったのか、その制作現場を知るゲストとともに日本のアニメ文化の歩みと未来を見つめる。

ゲスト:
杉井ギサブローさん(アニメーション映画監督)
<「鉄腕アトム」演出の中心メンバーの一人。手塚の精神を受け継ぎ、今なおアニメーション作家として現役を続ける。「我々が鍛えられたのはエンタテインメントというのはチャレンジだということ。社会環境が変わる中で、手塚先生が自由な発想で時代とシンクロしたように、また、新しい挑戦をしないといけない」と語る。テレビアニメ「タッチ」総監督、アニメ映画「銀河鉄道の夜」「あらしのよるに」監督など>
キャスター:桜井洋子アナウンサー



■NHK特集「手塚治虫・創作の秘密」 (1986年1月10日放送 総合 45分) ※一部抜粋
数々の個性豊かなキャラクターを世に出し、マンガの神様と称されるまでに至った手塚治虫さんの創作の秘密に迫る。夫人以外は誰も出入りしたことのない手塚さんの仕事場に初めてリモートコントロールカメラを入れて神業にも近い仕事ぶりでマンガ一筋に打ち込む姿を紹介する。

■BSまるごと大全集 永遠のヒーロー 鉄腕アトム 第2夜 治虫とアニメ (2002年4月2日 BS) ※一部抜粋
4夜連続で鉄腕アトムの裏側に隠された物語を紹介する。2回目は、手塚治虫がアニメにどんな思いを抱いていたのかを、インタビューを中心に伝える。

前のページへ 一覧ページへ 次のページへ