平成25年度の放送
放送:平成25年 7月28日(日) 午後1:50〜3:00(70分)


ダイオウイカやサメなど、深海にすむ不思議な生きものたちが、いま大きな注目を集めている。深海は宇宙とならぶ未知の世界だ。NHKには、10年以上の歳月をかけて生きている巨大なダイオウイカの撮影に挑むきっかけになった番組が残されている。1998年放送のNHKスペシャル「海 知られざる世界」だ。3000メートルの深海まで潜ることができるマッコウクジラが巨大なイカを食べている姿を撮影するなど、深海200m〜1000mの不思議な生物を数多く取材。数億年の時を越えて深海に生きるコウモリダコなどが、貴重な映像として残されている。実は、深海の生物たちは、ミクロの植物プランクトンから始まる食物連鎖によって、地球の命の輪となってつながっている。
6月は環境月間、渋谷の放送センター前で開かれた“ECOパーク2013”の会場での公開収録を交え、海を舞台にした壮大な命の循環について、さかなクンや杉浦太陽さんとともに考えていく。

※6月2日 放送センター前のエコステージで公開収録。

ゲスト:
さかなクン (東京海洋大学客員准教授)、杉浦太陽さん (俳優)
キャスター:桜井洋子アナウンサー



■NHKスペシャル「海 知られざる世界 第3集 めぐる生命の輪 〜深海に潜む不思議な生きものたち〜」
(1998年6月28日放送 49分 総合) ※一部抜粋
第3集は地球に住む多様な生きものたちを支える壮大な生命の循環を解きほぐしながら、いのちを育む「海」の役割を探る。

■NHKスペシャル「海 知られざる世界 第5集 クジラだけが知っている」
(1998年9月27日放送 49分 総合) ※一部抜粋
第5集、マッコウクジラが深海のイカを食べていることを取材。のちの巨大なダイオウイカ探査のきっかけとなった番組。

ほか

■「ECOパーク2013」ナビゲーターの杉浦太陽さんが、展示の様子をリポート。
「段ボールで作ったダイオウイカ(写真左)」「海洋生物ロボットショー」「さかなクンと海洋“楽”者 林正道さんのトークショー(写真中)」
「JAMSTEC(海洋開発研究機構)の深海探査船しんかい6500」「NHK環境ポータルサイトECO-CHANNNEL(写真右)」等をご紹介。

前のページへ 一覧ページへ 次のページへ