平成25年度の放送
放送:平成25年 5月5日(日) 午後1:50〜2:55(65分)


1993年5月15日、日本サッカー界にとって悲願だったプロリーグ・Jリーグがスタートした。NHKアーカイブスには、Jリーグが誕生した当時のサッカー界を取材した貴重な番組がある。1993年、開幕前夜に放送されたNHKスペシャル「Jリーグ サッカーにかける男たち」。今も現役のカズこと三浦知良や、のちの日本代表監督でブラジルの英雄ジーコ、ベテラン加藤久、7億円を超える額で移籍してきたリネカーらに密着取材し、プロリーグへの期待と課題を描いた貴重な映像だ。
番組では、Jリーグの開幕戦や、ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜などの20年の映像を振り返りながら、ワールドカップに4回出場し、日本人選手たちが世界のトップリーグで活躍するようになったJリーグの歴史と未来を、ゲストとともに語りあう。

ゲスト:
・ラモス瑠偉さん(元サッカー日本代表 現ビーチサッカー日本代表監督 ブラジル生まれ。1977年20歳で来日、読売サッカークラブへ入団。Jリーグで活躍、サッカー界をけん引した)
・山本浩さん(元NHKアナウンサー・解説主幹 法政大学教授 Jリーグスタート時の開幕戦や、ドーハやジョホールバルなど数々の歴史的試合を実況してきた)
キャスター:桜井洋子アナウンサー


■NHKスペシャル「Jリーグ サッカーにかける男たち」
(1993年5月14日放送 49分 総合)
日本サッカー界の悲願だったプロリーグの設立。プロ野球とは違い、企業主体のチーム作りから、ホームタウン構想をベースに、行政・企業・地域の一体となっての地域密着を旗印にチーム作りを進める。あわせて狙うのは代表チームの強化だ。この時点で、日本はまだワールドカップに一度も出ていない。ブラジル帰りでJリーグを盛り上げ日本をワールドカップに導こうと奮闘するカズこと三浦知良選手、サッカーをまちづくりに生かそうとする茨城県鹿島町で、チーム作りに汗を流すブラジルの英雄ジーコ選手や、日本サッカー協会の川淵三郎チェアマンなどの姿を中心に、プロリーグ発足前夜の熱気を伝える。

■Jリーグ開幕戦 ヴェルディ川崎 vs 横浜マリノス
(1993年5月15日放送 総合) ※一部抜粋
Jリーグ誕生の記念すべき第一戦は、ヴェルディ川崎と横浜マリノスの対戦。
ゲストのラモス瑠偉さんが選手として出場し、山本浩さんが実況を担当した。

前のページへ 一覧ページへ 次のページへ