平成23年度の放送
放送:平成24年2月26日(日) 午後1時50分〜3時00分(70分)
1972年2月、連合赤軍のメンバー5人が長野県軽井沢の保養所・浅間山荘に人質をとって立てこもった事件から今年で40年。警察は、2月19日の立てこもり開始から10日めの28日に強行突入、テレビは事件の模様を生中継した。NHKも10時間以上にわたって報道、人質が保護された後は、NHK、民放あわせてのテレビ視聴率は90%近くまでのぼり、まさに日本中がテレビに釘付けになった一日となった。テレビが生中継の力を示したあの事件から40年、メディアは大きく変貌を遂げている。インターネットの動画中継やツイッター、フェイスブックなどのソーシャルメディアが躍進。東日本大震災でも、テレビや新聞とは違う存在感を見せている。「あさま山荘事件」の中継や関連番組を振り返りながら、来年2月に60年を迎えるテレビの現在と未来を、有識者とともに考えていく。



ゲスト:吉見俊哉さん(東京大学大学院教授)、津田大介さん(ジャーナリスト)
キャスター:桜井洋子アナウンサー

■BSスペシャル 青春TVタイムトラベル「第2回 1972年2月28日 テレビの一番長い日〜ニュース映像の衝撃〜」  (1992年10月31日 150分 BS2 ※一部抜粋)
  事件から20年目を迎えた年に制作された番組。NHKや民放各社の当日の生中継映像を、事件を伝えたNHKアナウンサーをはじめ、民放各社のテレビ関係者のインタビューで振り返る。また指揮をとった警察庁警備局付監察官・佐々淳行らから証言を集めた。

■「軽井沢の連合赤軍事件」あさま山荘ナマ中継の映像も一部使用 (1972年2月28日放送 60分 一部抜粋)
警察による強行突入の当日、10時間以上にわたった生中継を60分にまとめて放送した番組。
※カンヌ国際中継ルポルタージュコンクール審査員特別賞
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ