平成23年度の放送
放送:平成24年2月19日(日) 午後1時50分〜3時00分(70分)
1973年から2年間にわたって放送された人形劇「新八犬伝」。南総里見八犬伝を原作に、“仁義礼智忠信孝悌”の8つの珠を持つ八犬士が活躍する物語だ。坂本九の軽妙な語りと辻村ジュサブロー(寿三郎)の人形が大人気で、おどろおどろしい玉梓が怨霊との対決に、子どもの頃、見入ったファンも多い。番組では、総集編や最終回など懐かしの映像をたっぷりご覧いただくと共に、ゲストに“人形劇大好き”林家正蔵を迎え、魅力を語ってもらう。




ゲスト:林家正蔵さん(落語家)
キャスター:桜井洋子アナウンサー

■「NHKライブラリー選集 新八犬伝」 (1985年5月18日(土)放送 ETV 45分)
464回に渡って放送された新八犬伝のうち、第1回、最終回を黒子役の坂本九さんが解説を加えながら紹介。(一部抜粋)

■「新八犬伝・前半総集編(第86回)」 (1973年8月27日 40分)
第1回から85回までの総集編。里見義実に処刑された玉梓は怨霊となって犬の八房に乗り移り様々な災いを里見家に及ぼそうとする。里見家を守る八犬士は当初、お互いの存在を知らず散り散りになっていたが、やがて運命の糸に導かれて出会いを重ねる物語が始まる。
※番組関係者から提供された映像を修復。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ