平成23年度の放送
放送:平成23年10月30日(日) 午後1時50分〜2時55分(65分)
各界で活躍する方々がNHKアーカイブスの中から選んだ番組を語るシリーズの3回目は、日本総合研究所理事長の寺島実郎さん(64)。
国際的な視野で政治・経済を語る論客として活躍する寺島さんが選んだ番組は、1963年放送の大河ドラマ「花の生涯」。江戸末期に開国を先導した幕府の大老・井伊直弼の波乱に満ちた生涯を描いた番組で、NHKが制作した大河ドラマの第1作目である。
放送当時、札幌の高校に入学したばかりの寺島さんは、この番組を見たとき、後の人生に大きな影響を与えるほどの衝撃を受けたという。それまで寺島さんにとって井伊直弼は反対勢力を厳しく弾圧した「安政の大獄」の黒幕という“悪役”であった。だが、このドラマでは、光り輝く“主役”であり、学問を愛し、激動の時代の流れと格闘し苦悩する生身の人間として描かれていたのである。歴史を考える上での“もう一つのアングル”が、そこにはあった。
この「ある一面だけで歴史を見るのではなく、常に相対化したものの見方をすべき」ということが、その後の自身の考え方の指針になったという寺島さんに、番組の魅力を存分に語ってもらうとともに、政治や経済、国際社会について考える時に大切にしてきた寺島さんの歴史観を聞く。



ゲスト:寺島実郎さん(日本総合研究所・理事長)
キャスター:桜井洋子アナウンサー

■大河ドラマ「花の生涯 第1回 青柳の糸」 (1963年4月7日放送)
NHKが放送した大河ドラマの1作目。幕末の大老・井伊直弼(尾上松緑)の波乱に満ちた生涯を描いた作品。第1回は彦根藩主の子として生まれながら、藩内の勢力争いに巻き込まれ、若くして世捨て人のような暮らしをしている井伊直弼の姿が描かれている。

原作:舟橋聖一
脚本:北条 誠
出演:尾上松緑、淡島千景、佐田啓二 ほか
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ