平成23年度の放送
放送:平成23年7月10日(日) 午後1時50分〜3時00分(70分)
今年6月、世界文化遺産に登録された岩手県平泉・中尊寺。その象徴が奥州の最高芸術と言われる「金色堂」である。乱世の平安時代末期に藤原清衡(きよひら)が平和を願って建立したこの寺院は、浄土思想を具現化した文化遺産として世界的な評価を得たのである。かつて、金色堂は傷みが激しく一時は倒壊寸前の状態だったが、昭和37年から6年をかけた解体修理が行われ、建立された当時の輝きを再び取り戻した。
NHKアーカイブスでは、2000年の番組「国宝探訪 黄金の極楽浄土〜中尊寺・金色堂〜」を放送するとともに、一度は朽ち果てる危機に見舞われながらも、再び黄金の輝きを取り戻した金色堂に、復興への思いを託す東北の人々の心を見つめる。



ゲスト:高橋克彦さん(作家)、村上弘明さん(俳優)
キャスター:桜井洋子アナウンサー

国宝探訪「黄金の極楽浄土〜中尊寺・金色堂〜」 2000年9月30日放送
中尊寺にある国宝の中でも、金箔で覆われ、美しい螺鈿細工が散りばめられた金色堂は日本美術の至宝といわれる。金色堂は、かつて東北地方を治めた奥州藤原氏の初代・清衡は戦乱の世の中を生き抜いた武将である。清衡は鎮魂の祈りを込め、中尊寺金色堂の建立を決意するが、その背景には、奥州の豊富な金と独自の交易ルートがあった。いにしえの人々が黄金の阿弥陀堂に込めた思いをたどる。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ