平成21年度の放送
放送:平成22年1月9日(土) 午前10時05分〜11時25分(80分)
大リーガー、松井秀喜選手。2010年は、ロサンゼルス・エンジェルスのユニフォームを着ることが決まった。
2009年のワールドシリーズではMVPを獲得。エンジェルスでは、いったいどんな活躍を見せてくれるのだろうか?
アメリカに渡って7シーズン。選手生命を危ぶまれる大けがや、名門ヤンキースゆえのバッシングを乗り越え、実績を残してきた松井選手。支えてきたものは、「夢を夢で終わらせない」という強い信念だった。
NHKアーカイブスに残る番組、そして松井選手を見つめ続ける作家・伊集院静さんのお話を通して、松井秀喜の魅力に迫る。



ゲスト:伊集院静さん(作家)/キャスター:桜井洋子アナウンサー

■NHKスペシャル「松井秀喜 ベースボールの神様に抱かれて 〜作家・伊集院静が見つめた1年〜」
2003年11月23日放送
2003年、巨人の不動の4番打者から、夢であった大リーグの名門ヤンキースへ移籍した松井選手。開幕直後はタイムリーヒットや満塁ホームランで華々しく活躍したものの、その後打撃の調子を落とし、たちまち地元マスコミやオーナーから辛辣なコメントを浴びせられた。それでも松井選手はチームの勝利に貢献しようと、守備や走塁で全力プレーを続ける。その姿は次第にファンの心をとらえ、迎えたリーグ優勝決定戦。ベースボールの神様に抱かれたような見事な活躍を見せたのである。
松井選手がヤンキースに欠かせない選手になっていく1年を、作家・伊集院静さんが見つめる。

■課外授業ようこそ先輩「夢を夢で終わらせない」 2005年3月30日放送
石川県にある母校・能美市立浜小学校を訪れた松井選手。5年生39人を前に、力強く黒板に記したのは「夢を夢で終わらせない」という言葉だった。
松井選手は、手のひらにできたマメを見せながら、夢を叶えるために1日も休まず素振りを繰り返してきたことを披露。自分を支えてきた「夢」について、子どもたちに語りかける。
       
前のページへ一覧ページへ次のページへ