平成21年度の放送
放送:9月12日(土)午前10時05分〜11時25分(80分)
その勇壮さで全国に知られる「岸和田だんじり祭」が近づいてきた。今年も宵宮が9月19日、本宮が20日に開催される。
300年の歴史があるこの祭りの見どころは、重さ4トンにも及ぶ「だんじり」を男たちが力を合わせて曳き、狭い街路ギリギリをすり抜けていく様。22の町ごとに、その見事さを競っていく。最も難しいとされるのは、だんじりをスピードに乗ったまま方向転換させる「やりまわし」。だんじりを力いっぱい曳く青年団から指示を出す年長者まで、一糸乱れぬコントロールが求められるのである。
自分たちの町の誇りをかけて、今年もだんじりの準備に余念のない岸和田の男たち。
その直前の様子とNHKアーカイブスに残る番組を通して、世代を超えて受け継がれる地域の絆を見つめる。



キャスター:桜井洋子アナウンサー/ゲスト:萩尾みどりさん(女優)、江弘毅さん(岸和田出身の編集者)

にんげんドキュメント「俺たちの“だんじり”」2002年10月17日放送
2002年、40年間途絶えていた自分たちの町のだんじりを復活させようと名乗りを上げる町が現れた。およそ1300世帯が暮らす「別所町」である。長いブランクを乗り越え、だんじりを蘇らせていく10代から60代までの男たち。悪戦苦闘しながらも地域の絆を確かめ合っていく姿を追う。

記憶の扉「ある人生 千右衛門のばあさん 〜直島の女文楽〜」1966年6月4日放送
地域の伝統を受け継いでいるのは、男たちばかりではない。瀬戸内海に浮かぶ香川県の直島では、一度途絶えた人形浄瑠璃を復活させたおばあさんがいた。その土地の伝統を守ることに生きた女性の物語。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ