平成20年度の放送
放送:1月17日(土)午前10時05分〜11時25分(80分)
安田講堂落城 〜“あの日”から40年 学生たちのその後〜
昭和44年1月18日、大学紛争のさなか、学生たちが立てこもった安田講堂の封鎖解除が始まった。8500人の機動隊による激しい放水と数千発に上る催涙弾が浴びせられた末に、安田講堂は翌日落城。350人以上が逮捕されたのである。
東大医学部のインターン制問題に端を発した東大闘争とは何だったのか?
NHKアーカイブスには、この闘争に関わった学生の10年後を追った番組が残されている。学生運動から抜け出せずその後の生き方を悩み苦しむ人、運動から遠のき地域医療に生きがいを見つける人・・・ 若者たちのそれぞれの生き様が記録されている。
それからさらに30年。日本が大きく変貌していく中で、彼らはこの40年間をどのように生きてきたのだろうか?
彼らの40年を通して、「あの時代とはいったい何だったのか」、「彼らの残したものは何だったのか」を検証する。

前のページへ 一覧ページへ 次のページへ