平成20年度の放送
放送:8月30日(土)午前10時05分〜11時25分(80分)
教師の不正採用など、教育現場が揺れている。その犠牲となるのは、子どもたちである。教育の現場に何が大切なのか、ある一人の先生と子どもたちの絆を通して考えてみたい。

司会:桜井洋子アナウンサー&林家いっ平/スタジオゲスト:金森俊朗さん

NHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス 〜4年1組 命の授業〜」2003年5月11日放送
金沢市にある公立小学校での4年1組の担任、金森俊朗先生(56歳)は、子どもたちが思い切り笑い、ともに泣いたりすることで生まれる心のつながりを大切にしている。合言葉は「クラス全員がハッピーになること」。金森先生と35人の1年を追った。

NHKスペシャル「子どもの心をノックする」2005年5月5日放送から抜粋
金森さんが不登校の子どもを訪問。心を閉ざした少年に話を聴く。「死ぬのは怖いが、生きてるってこともすごく怖い・・・」。誰にも話せなかった胸の内を少年は語り始める。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ