平成19年度の放送
放送:2月17日(日)午後11時40分〜翌午前1時00分(80分)
今年は日本人がブラジルへ移住を始めて100年目

海外の日本「ブラジルに生きる」
 1968年(昭和43年)6月6日放送
日本人がブラジルへ移住を始めたのは明治41年。番組はその60年後のブラジルを取材しています。そこには、総面積1万2000ヘクタールのコーヒー園を営む農園主、人口11万人都市の市長、アマゾン奥地の僻地医療に取り組む医師など、ブラジルに根付く日本人の姿がありました。

ドキュメンタリー'90「ニッポン出稼ぎ 〜ブラジル日系人それぞれの選択〜」
 1990年(平成2年)11月21日放送
ブラジルのパラナ州アサイ市は、昭和7年に移住した日本人が築いた町です。
「ブラジルに生きる」が放送されて22年後、2世3世は、日本をめざすようになっていました。ブラジルで働くよりも10倍近い賃金が得られたのです。
苦労して開拓した土地や生まれ故郷をあとにする子や孫を、1世たちは複雑な思いで見送ります。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ