平成19年度の放送
放送:1月27日(日)午後11時50分〜翌午前1時10分(80分)
≪年間シリーズ・にっぽん くらしの記憶≫
スタジオゲスト:立松和平さん(作家)

ドキュメンタリー「薬害」(27分)
 1976年(昭和51年)9月18日放送
薬害肝炎訴訟の被害者全員を一律に救済するための法律が今月成立しました。その中で、国は薬害肝炎に対する責任を認めています。
薬害が起きるたびに国は「二度と薬害を起こさない」としてきましたが、薬害はなくなりません。
番組は昭和30年代から40年代にかけておきたスモンやクロロキンを取り上げ、何故薬害が起きたかを取材し、被害者の悲痛な声を伝えています。

プライム10「ドキュメント生きる やっぱりここで暮らしたい 北海道・炭住往診日誌」(44分)
 1992年(平成2年)1月16日放送
北海道岩見沢市にあった万字炭鉱は1976年に閉山しました。しかし、炭鉱で働いていた人や家族は、過疎と高齢化が進む中で、その後も炭住(炭鉱住宅)に住み続けています。番組は炭住を舞台に、地域医療に力を注ぐ医師と患者たちの交流を描いています。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ