平成19年度の放送
放送:1月13日(日)午後11時45分〜翌午前1時05分(80分)
1月16日に行われる直木賞発表を前に、第82回下半期の直木賞作家、高橋克彦さんをスタジオに招き話を聞きます。

ルポルタージュ にっぽん「直木賞の決まる日」(28分50秒)
 1980年1月26日放送
昭和54年下半期の直木賞候補は、作詞家の阿久悠さん、劇作家つかこうへいさん、女優の中山千夏さん、日航広報室次長の深田祐介さん、大学教授の高柳芳夫さん、作家の岩川隆さんと多彩な顔ぶれです。番組は、それぞれに密着取材して、発表を待つ直木賞候補者の知られざる心のうごめきを追っています。

ぐるっと海道3万キロ「十和田丸・冬航路 〜青函連絡船〜」(28分25秒)
 1986年1月13日放送
北海道と本州を結ぶ青函連絡船は明治41年以来、80年間にわたって人々の足として活躍しました。番組は、役割を終えようとする連絡船「十和田丸」に焦点を当て、乗務員として乗り込む国鉄職員や北へ帰る人々など姿を追いかけています。
岩手県盛岡市出身の高橋克彦さんもかつて青函連絡船に何度も乗った経験があり、その時の思いを振り返ります。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ