平成19年度の放送
年間シリーズ“にっぽん くらしの記憶”
放送:9月9日(日)午後11時40分〜翌午前1時00分(80分)
今回は、シリーズ“にっぽん くらしの記憶”として2本の番組で80分間を構成します。
スタジオゲスト:石坂浩二(俳優)

日本の素顔「子どもの見た夏休み」(30分)1959年(昭和34年)8月23日放送
 ≪年間シリーズ にっぽんくらしの記憶≫
夏休みの期間中、海にも行かず進学を目指して補習授業をうける子や両親が働きに出た後に遊ぶ子、また夜店で働く子や町をぼんやり歩いている子などをカメラでとらえ、夏休みに対する彼らの主張を描く。

日本の素顔「自由化1年」(30分)1963年(昭和38年)9月1日放送
 ≪年間シリーズ にっぽんくらしの記憶≫
1962年10月、89パーセントの貿易自由化が実施されてからおよそ1年。自由化が日本の産業界に与えた影響は大きい。番組はこの1年間の産業界の実情を見ながら市場の変化や今後残された自由化の課題を探る。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ