平成19年度の放送
走り遂げた心眼のランナーたち
放送:7月15日(日)深夜【月曜午前】0時55分〜2時15分(80分)
1本目は、1983年に国内で初めて開かれた盲人マラソン大会の番組。2本目は、年間シリーズ「にっぽん くらしの記憶」です。これは農家に嫁ぐ決心をした一人の女性を半年にわたって取材した番組です。

土曜リポート「君よゴールをめざせ 盲人マラソン」(40分)
 1983年(昭和58年)9月17日放送
国連が定めた1981年の国際障害者年を一つの契機に、「障害者の社会への完全参加と平等」が世界的なテーマとなってきました。
番組は1983年、目の不自由な人たちが自ら声をあげて行った、国内で初めての盲人マラソン大会の様子をつぶさにドキュメントしました。

「農家にとつぐ」(30分)1963年(昭和38年)1月15日放送
 ≪年間シリーズ にっぽんくらしの記憶≫
農家の後継者の結婚問題は今でも深刻な問題です。
番組では農家にだけは嫁ぐまいと考えていた女性が、農業を継ぐ青年に心ひかれ、結婚するまでを半年間にわたって取材しました。家庭を選ぶことの意味や幸せとは何かを考えています。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ