平成19年度の放送
教科書の今昔
放送:5月20日(日)午後11時40分〜翌午前1時00分(80分)
今回は、明治時代に義務教育が始まってから、教科書が抱えてきた問題を取材した番組と、年間シリーズ「にっぽんくらしの記憶」、1960年代の街を彩る色についての番組をお送りします。

NHK特集「明治教科書疑獄事件 〜国定化への道〜」(49分)
 1982年(昭和57年)5月10日放送
現在、教科書は出版社が作り、文部科学省の検定を受けて完成します。義務教育が始まった明治19年も、今と同じく教科書は出版社が作っていました。しかし、ある事件をきっかけにして教科書は国が作ることになったのです。
番組では国が教科書を作る引き金となった事件を取材しました。

NHK短編映画「街の女性の服と色と・・・」(18分)
 1960年(昭和35年)2月29日放送
1960年の街を彩る女性の服を色の視点からとらえた番組です。衣類や小物に使われる色、その年の流行色はどうしてできていくのか?年齢や職業によっても好みが左右される色の科学を昭和30年代の風俗とともにご紹介します。
スタジオにコラムニストの泉麻人さんをお招きして、昭和30〜40年代と現在について、お話をお伺いしました。
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ