平成18年度の放送
黒部峡谷の厳しい冬
放送:3月4日(日)午後11時10分〜翌午前0時30分(80分)
最大時速200キロ以上で、周りの雪を取り込みながら流れ落ちる「謎の雪崩」。1本目は、その「謎の雪崩」をカメラが初めて捉えた番組です。2本目は、今年から始まった年間シリーズ「にっぽん くらしの記憶」。今回は昭和30年代の修学旅行の様子を描いた番組です。

■NHK特集「厳冬・黒部峡谷 〜謎の雪崩"ホウ"を追う〜」(45分)
 1988年(昭和63年)3月4日放送
黒部峡谷は雪崩の多発地帯です。地元の人々が“ホウ”と呼ぶ「謎の雪崩」は、通常とは違って、雪の煙が舞い上がりながら滑り落ちます。そのすさまじい破壊力によって、これまでに多くの人々が犠牲になりました。“ホウ”はどのようにして起きるのか。富山大学の調査隊に同行し、雪崩の実態と厳冬の黒部を紹介します。

語 り: 山本和之
取 材: 飛地 茂/杉本浩一
技 術: 山田孝道/志村武久/森 健造
編 集: 角田滋夫
効 果: 中嶋新二
構 成: 菅原篤史/大輪保夫
制 作: 宮地 誠/小池静一

■日本の素顔「修学旅行」(30分)
 1963年(昭和38年)5月26日放送
足が棒になるまで歩かされ、文化財のツメコミ見学に一方的なガイドの説明・・・。せっかくの学校外での学びの場である修学旅行は、機能していない例が多いようです。番組では、修学旅行の実態を紹介し、その問題点を検証します。

構 成:桜井 健
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ