平成18年度の放送
歌の調べにのせて
放送:1月14日(日)午後11時10分〜翌午前0時30分(80分)
新しい年にふさわしく明るく楽しい番組をお送りします。「夢であいましょう」と同時期に最新の技術を使って新しい演出的な試みをした歌番組。そして、今年2007年に生誕120年を迎える作曲家・中山晋平を描いた番組です。

■「若さとリズム 第1回」(30分)
 1965年(昭和40年)10月16日放送
「若さとリズム」は昭和40年10月から翌年の昭和41年4月まで放送された歌番組です。当時、最新の音楽事情を新進気鋭の歌手と共にお送りしました。また、クロマキー技術やクレーンカメラなどを使って映像的にも演出的にも新しい試みをしています。
保存されていた番組をデジタル修復した美しい映像でお送りします。

【制作スタッフ】
○出演: 弘田三枝子/鹿内タカシ/布施明/ザ・スカーレット/ミジュージカル・アカデミー/東京混声合唱団/ジャニーズ
○振付: 山田 卓
○バレエ: ユニーク・エイト
○音楽: 三保敬太郎/前田憲男/東海林修/森岡賢一郎/大沢保郎
○演奏: 津々美洋とオールスターワゴン/猪俣猛とウエストライナーズ/小俣尚也とドライビングメン
○絵: 三乗 明
○美術: 足立正美
○技術: 設楽国雄
○制作: 川口幹夫
○演出: 遠藤利男

■「菜の花畑にジンタがきこえた −中山晋平生誕100年−」(40分)
 1987年(昭和62年)5月2日放送
「東京行進曲」、「てるてる坊主」などの歌を作った作曲家・中山晋平は、今年、生誕120年を迎えます。中山晋平は、北原白秋・野口雨情・西條八十らと共に童謡・民謡・流行歌と、大正から昭和にかけて数え切れないほどの名曲を作曲しました。
番組は中山晋平の歌を紹介しつつその生涯を追い、歌に込められた思いを描きます。

【制作スタッフ】
○音楽: 若松正司
○語り: 湯浅 実/白坂道子
○撮影: 土屋裕重
○技術: 影山進乙
○効果: 萩野勝男
○編集: 松本哲夫
○構成: 太田英博/曽田雅彦/矢橋功
○制作: 菅英 康/佐々木正實
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ