平成18年度の放送
雄大なる自然
4月23日(日)午後11時15分〜翌午前0時35分(80分)
野山に新緑が輝く季節がやってきました。今回のNHKアーカイブスでは雄大な自然を描いた番組をご紹介します。1991年放送のNHKスペシャル「北へ はるかなるカムチャツカ」
長い間、人の侵入を拒んできたカムチャツカには、手つかずのままの雄大な自然が拡がっていました。

NHKスペシャル「北へ はるかなるカムチャツカ」(75分)
 1991年(平成3年)10月30日放送
北海道から北に1000キロ、飛び石のような千島列島の先に突き出した巨大な半島がカムチャツカです。オホーツクと太平洋の間に横たわる巨大な半島の面積は日本列島のおよそ1.3倍。しかしそこに住む人間はわずかに40万人です。旧ソビエト連邦は重要な軍事基地があったカムチャツカに、人が立ち入ることを厳しく制限してきました。しかし、ゴルバチョフのペレストロイカ政策にともなって、1990年、外国人がカムチャツカに入ることが初めて許されました。

数多くの火山が作り出した起伏に富んだ大地には、手つかずの雄大な自然が残されていました。凍った大地が溶け、緑に包まれるカムチャツカの夏は生き物の楽園と化します。海岸には日本ではほとんど見られなくなった海鳥が群れ、川には大量の紅ザケがのぼります。そしてそれを待ち望んでいたのは巨大なヒグマです。

番組では、巨大なスケールを持つカムチャツカの自然とともに、そこに住む人々と生活、そして歴史などを紹介していきます。

【語り】
瀬田 光彦

【制作スタッフ】
○撮影: 西脇 芳紀
○音声: 安達 幸夫
○編集: 池下 文夫
○効果: 斉藤 実
○技術: 赤星 明
○構成: 佐藤 威一郎
○制作: 坂井 茂生
前のページへ 一覧ページへ 次のページへ