戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜 戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜 戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜

戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜

  • 戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜
  • 戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜

NHKアーカイブスでは、戦後70年のことし、「平和」をテーマにした様々な番組を振り返っている。5月は、2011年放送のNHKスペシャルのシリーズ「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」から、メディアと民衆を見つめた第三回を見る。
戦後、「太平洋戦争開戦は日本陸軍の暴走だった」という側面が強調されていたが、日中戦争から対米戦争へ向かった背景には、「世論」が大きく影響を及ぼしていた。満州事変後、「守れ満蒙」と関東軍支持へと舵を切った新聞。戦意高揚の役割を大いに担ったラジオ。メディアが世論を作り、その世論がまたメディアの論調を作っていった。その連鎖を見つめる。

ゲスト
保阪正康さん(ノンフィクション作家)1939年札幌生まれ。近現代史、特に昭和史の実証的研究を志し、昭和前期の日本人の姿を分析解明する著書を執筆。

ご覧いただくのは・・・

NHKスペシャル 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第3回「“熱狂”はこうして作られた」
(初回放送:2011年2月27日放送 49分)

  • 戦後70年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか〜メディアと民衆〜

日本が戦争に向かう中、新聞やラジオなどのメディアが果たした役割を徹底解剖。軍とメディアと民衆のトライアングルが、時の政策判断に大きな影響を与えていた。熱狂した「世論」の実体に迫った。

■番組からのお知らせ

パンダの赤ちゃん 飼育のヒミツ」(2015年4月19日放送)
  • 大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県は4月29日(水)午後1時05分〜2時10分に放送予定です。

※最新の番組表は こちら をご覧ください。

NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

▲このページの上へ