だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜 だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜 だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜 だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜
  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

1915年、大阪豊中グラウンドで産声をあげた「全国中等学校優勝野球大会」。現在の、全国高等学校野球選手権大会である。以来、国民的行事になった高校野球は今年で100年。各地で記念行事が開かれNHKでも各波で様々な特集が組まれることになっている。
1世紀にわたって日本人を熱狂させつづけてきた「高校野球」。なぜ甲子園はそれほど私たちを引きつけるのか。選手たち、選手を支える控え選手、マネージャー、家族にとって甲子園はどんな存在であり続けているのか。そして、日本人にとってどんな意味を持っているのか。
アーカイブスに秘蔵されている高校野球開始当時のお宝映像などを交えながら、100年の歴史を振り返るととともに、日本人の高校野球熱をテーマにした番組を紹介する。今や一スポーツ大会の枠を超えて、日本の春と夏には欠かすことのできない風物詩へと発展した高校野球。名勝負やスター選手などにスポットを当てた番組では描かれないアーカイブス映像から“高校野球100年”を考える。

ゲスト
二宮清順さん(スポーツジャーナリスト)1960年愛媛県生まれ。スポーツジャーナリスト。五輪、サッカーW杯、メジャーリーグなど国内外で幅広い取材活動を展開中。野球関連著書に「プロ野球“衝撃の昭和史”」「プロ野球 名人たちの証言」「最強の広島カープ論」などがある。 井森美幸さん(タレント)1968年群馬県生まれ。第9回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞。
甲子園にも足繁く通う、熱心な高校野球ファンとして知られる。
高校野球を熱く語れる、稀有な存在。

ご覧いただくのは・・・

「熱球の賛歌 〜夏・高校野球70年〜」
(初回放送:1988年8月6日 総合 再編集)

  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜
  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

高校野球黎明期の貴重な映像や、第1回大会の参加選手を取材した27年前の映像、鬼籍に入ったかつての名監督のインタビュー、伝説の松山商業と三沢高校の一戦など、数々の名勝負をまとめた1988年の70周年番組の映像をベースに、その後の歴史や貴重な記録映像も加えて、100年の歴史を振り返る。

現代の記録「9人と群衆」
(初回放送:1962年9月1日 総合 抜粋して放送)

  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜
  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

なぜ現代日本人は野球に惹きつけられるのかをテーマに様々な角度から考察を加えたドキュメンタリー。そのなかで、高校野球の魅力に迫った箇所を抜粋。

クローズアップ現代「僕たちの夏は終わった 〜球児たちのラストメッセージ〜」
(初回放送:1993年8月3日 総合 抜粋して放送)

  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜
  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

高校野球は頂点に立つただ一校を除いては、殆どの出場校が負けですべてを終える“負けのスポーツ”。敗者は何をつかみとるのか。22年前激戦区神奈川大会での敗者のロッカールームを徹底取材した番組。

熱球の軌跡「15番の青春」
(初回放送:1985年8月24日 総合 抜粋して放送)

  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜
  • だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜

1985年当時ベンチ入りできるぎりぎりの背番号が15番だった。控え選手もいれば、主力選手もキャプテンもいるが、その15番の選手から見た甲子園とは?当時高知商業の15番だった選手の一夏に密着した番組。

■番組からのお知らせ

「だから僕らは甲子園をめざす 〜高校野球100年と日本人〜」(2015年8月2日放送予定)
  • 沖縄県では、8月2日(日)午後4時35分〜5時45分放送予定です。
  • 北海道では、8月3日(月)午前0時55分〜2時05分[2日(日)深夜]放送予定です。
  • 徳島県、愛媛県、山梨県では別番組を放送します。

※最新の番組表は こちら をご覧ください。

NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

▲このページの上へ