次回の放送は、3月15日(日)午後1:50〜
オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年 オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年 オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年

オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年

番組からのお知らせ
■放送日時変更のお知らせ
以下の地域では日時を変更して放送します。

戦後70年 東京大空襲はなぜ行われたか(2015年3月1日放送)◆
■宮崎県では、3月2日(月)午前1:50〜2:55[1日(日)深夜]に放送予定です。
■沖縄県では、3月4日(火)午前2:20〜3:25[3日(月)深夜]に放送予定です。
※放送予定は急きょ変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
最新の番組表は こちら をご覧ください。

オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年総合 3月15日(日)午後1:50〜3:00(70分)

  • オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年
  • オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年

1995年3月20日におきた「地下鉄サリン事件」から20年が経とうとしている。オウム真理教がおこした一連の犯罪に関わった元幹部たちに共通する特徴は、教団に入るまで犯罪歴がなく、高学歴のいわゆるエリートが多数を占めるということである。前途ある若者たちがカルトに傾倒し、常識や倫理観を失って犯罪を犯すこととなった原因はどこにあるのか。
番組では、オウム真理教に若者たちがどのように取り込まれていったのか、その経緯をひも解きながら、20年を経た今も若者たちを取り巻くカルトの危険性について改めて考える。

ゲスト
櫻井義秀さん(北海道大学大学院 文学研究科教授 文学博士)1961年生まれ。宗教社会学専攻。現代日本の宗教を調査対象にすえ、カルト問題と公共性の社会学を研究の柱とする。オウム真理教・統一教会・摂理、カルト化する教会、スピリチュアリティ・ブームの調査研究で実績をあげている。 著書に、『「カルト」を問い直す-信教の自由というリスク』『カルトとスピリチュアリティ-現代日本における「救い」と「癒し」のゆくえ』など。
キャスター
桜井洋子アナウンサー

ご覧いただくのは・・・

NHKスペシャル「オウム 獄中からの手紙 〜死刑判決を受けた被告たち〜」
(初回放送:2004年2月22日放送 59分)

  • オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年
  • オウム真理教 地下鉄サリン事件から20年

オウム真理教代表、麻原彰晃被告の判決を前に、NHKは死刑判決を受け獄中にいる元幹部たちと手紙のやり取りをした。教団中枢にいた被告たちの手紙や、刑期を終えた元幹部らの証言から、当時教団がなぜ無差別テロに走ったのかに迫る。

放送日時変更のお知らせ

戦後70年 東京大空襲はなぜ行われたか

「戦後70年 東京大空襲はなぜ行われたか」(2015年3月1日放送)

  • 宮崎県では、3月2日(月)午前1:50〜2:55[1日(日)深夜]に放送予定です。
  • 沖縄県では、3月4日(火)午前2:20〜3:25[3日(月)深夜]に放送予定です。

NHKオンデマンドでご覧いただけます

  • NHKオンデマンド「NHKスペシャル 電子立国 日本の自叙伝」
  • NHKオンデマンド「生涯青春 
  • NHKドラマ「大地の子」
NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

▲このページの上へ