戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜

戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜

  • 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜
  • 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜

NHKアーカイブスでは、戦後70年のことし、第二次大戦をテーマにしたアーカイブス番組を紹介し、戦争について考える。20世紀の戦争は大規模化、長期化し、鉱物資源や工業力、科学技術力など国の総力を注ぎ込む戦いへと変貌していた。「ドキュメント太平洋戦争」を見ながら総力戦に日本がどのように敗れていったのかを2回シリーズで検証する。

2回目は「防御を軽視した技術開発」。軍部、学界、産業界の連携によって新兵器を開発し、戦局を有利に導いたアメリカと技術革新に遅れをとった日本。科学技術の側面から今日への教訓を読み解く。

ゲスト
保阪正康さん(ノンフィクション作家)
1939年札幌生まれ。近現代史、特に昭和史の実証的研究を志し、昭和前期の日本人の姿を分析解明する著書を執筆。

ご覧いただくのは・・・

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 第3集「エレクトロニクスが戦を制す 〜マリアナ・サイパン〜」
(初回放送:1993年2月7日 49分)

  • 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜
  • 戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜防御を軽視した技術開発〜

日本の敗戦を決定づけたマリアナ沖海戦。この戦いの背後には日米の熾烈な技術開発競争があった。新たに発掘された日本のレーダー、信管の開発記録の映像と証言をもとに、日米双方の技術開発の思想を探り、技術戦争としての太平洋戦争の断面を明らかにする。

■番組からのお知らせ

戦後70年 総力戦 なぜ敗れたのか 〜破綻した輸送計画〜」(2015年6月28日放送)
  • 熊本県では、7月11日(土)午後3時50分〜5時00分放送予定です。

※最新の番組表は こちら をご覧ください。

NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト

▲このページの上へ