仏像マニアとして日本列島を旅してきた
みうらじゅん氏といとうせいこう氏。
このふたりが「動画で見るニッポンみちしる」の中から独自の視点で
動画を分析し縦横無尽にトークするスペシャル企画。

1回目にふたりが選んだのは、タイトルに「仏」がついている
動画「みちのくの仏さま」だった。

「みちのくの仏さま 聖なる木から現れる神仏」(3分30秒)

東北地方には不思議な仏像が多く残されている。
動画では、聖なる木から現れる神仏3体を紹介。

(動画スタート 岩手県 愛宕神社から)

みちのくの仏さま
みうら
仏像の話なのに神社からスタートだよ。いいね。
いとう
神社に仏像がある神仏習合だね。岩手県の愛宕神社だって。
みちのくの仏さま
いとう
おおー、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)だね。
みうら
この体のぶっとさは平安後期のものとみたね。
いとう
この荒削りの手のところが特徴だね。
みうら
出たっ!「鉈彫り」。
みちのくの仏さま
いとう
オレたちの好きなやつ。
木から仏像が出たことを強調して、のみで削った跡そのままでしょ。そこがいいよね。
みうら
そう、木から姿を現わされたってことだからね。オレ最近、鉈彫りチックな服がほしかったとこなんだ。
いとう
鉈彫り感のある服、どこに売ってるの(笑)。

(秋田県湯沢市 白山神社 女神像)

いとう
次は秋田県の神社だよ。ここに仏像があるの?
みちのくの仏さま
みちのくの仏さま
いとう
あ、いやいやいや、この像はいいね。掘り出した木の根のままなんだ。
みうら
わざとでしょ。自然=(イコール)神様だもんね。
いとう
カッコいい。
神木なんだね、これは。自然が神なんだっていう思想が出てるもの、すばらしい。

(岩手県二戸市 天台寺 聖観音菩薩立像)

みちのくの仏さま
いとう
お、この方、有名な方じゃないですか。
みうら
この間やってた「みちのくの仏像」展(2015年1月14日〜4月5日 東京国立博物館)で
拝観させていただきましたね。
いとう
そうか、上野にいらっしゃった人だ。
みちのくの仏さま
みうら
そう、展示会場に入ってすぐのところにおられた、あの方でしょ。
鉈彫りNO.1のこの方を見て、この間、依頼もないのに絵を描かせてもらいましたよ。
いとう
指はあんなにきれいに彫ってるのに、ほかの部分は、のみ跡を残している。あれは、わざとだね。
みちのくの仏さま
みうら
鉈彫り、流行んないかなぁー、もう一度。

鉈彫りが流行した平安時代に思いを馳せるみうらさんの
言葉で、ふたりの「みちしる」鑑賞の1回目は終了。
クリームソーダを飲みながら、「みちのくの仏さま」を
独自の視点で楽しんだふたりだった。

みちのくの仏さま
みなさんも動画をチェックしてみて
みちのくの仏さま 聖なる木から現れる神仏

「みちのくの仏さま 聖なる木から現れる神仏」(3分30秒)

みうらじゅん

1958年京都府生まれ。イラストレーターなど。武蔵野大学在学中に漫画家デビュー。97年「マイブーム」で新語・流行語大賞。
2004年度日本映画批評家大賞功労賞を受賞。著書に『アイデン&ティティ』『アウトドア般若心経』『マイ仏教』など多数。共著に『見仏記』シリーズ、『D.T.』などがある。

いとうせいこう

1961年東京都生まれ。作家・クリエイター。音楽や舞台、映画などの分野でも活躍。講談社エッセー賞を受賞した『ボタニカルライフ 植物生活』はNHK『植物男子ベランダー』としてドラマ化。原作小説に『ノーライフキング』『波の上の甲虫』など。共著に『見仏記』シリーズ、『文藝漫談』などがある。

バックナンバー