2016年01月27日 (水)寒い冬の日は銭湯に行こう!


寒い冬の日は、あったかーいお風呂がとても恋しくなりますね。そんな時は銭湯に行ってみるのはいかがでしょう?

今回は「みちしる」の銭湯の動画を6本紹介します。お湯につかる以外にも楽しめるポイントがいっぱいの銭湯に、是非でかけてみませんか。でも、くれぐれも湯ざめには気を付けてくださいね。


♨北沢湯(東京・世田谷区)

D0004500403S004.jpg

富士山を見ながらザブーンとひとつかり。ちょっと熱めのお湯が、体の芯まで温めてくれます。

D0004500403painter.jpgのサムネイル画像

ちなみにこちらが、この富士山を描いた中島盛夫さん。銭湯の背景を描き続けて50年以上の大ベテランです。

♨タカラ湯(東京・足立区)

D0004500401S004.jpgのサムネイル画像

こちらの銭湯の自慢の一つが、脱衣場の前に広がるみごとな日本庭園です。

D0004500401outside.jpgのサムネイル画像

入り口は威風堂々とした作り。

D0004500401garden.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

お風呂あがりには錦鯉と四季折々の花を眺めながらくつろげます。

♨源ケ橋温泉(大阪市生野区)

D0004500400S004.jpg

脱衣場の天井は白く塗り上げられ、中央には豪華なシャンデリアが下がっています。昭和30年頃まで、2階はダンスホールやビヤホールとしても使われていたそうです。

入浴

源ケ橋温泉の屋根には2体の自由の女神が!「入浴」と「ニューヨーク」をかけたしゃれだそうです。

♨船岡温泉(京都市北区)

D0004500399S004.jpgのサムネイル画像

脱衣場に入ると、壁一面に散りばめられた装飾が迎えてくれます。ケヤキの一枚板を贅沢に使った透かし彫りの欄間には、葵祭の行列が生き生きと描かれています。

ケヤキ銭湯

外観はまるで日本旅館のようです。

♨月の湯(東京・文京区)

D0004500398S004.jpgのサムネイル画像

昭和8年に建てられた月の湯。残念ながら平成27年5月に閉店しました。あのフォークソングの名曲「神田川」に出てきそうな外観です。

蛇口

月の湯の富士山は、焼き物の「九谷焼」で有名な加賀の職人が絵付けしたものです。

♨子宝湯

D0004500402S004.jpgのサムネイル画像

かつて東京・千住にあった銭湯・子宝湯です。現在は、東京都小金井市の「江戸東京たてもの園」に保存されています。浴室の天井は高い造りになっていて、窓からは明るい日差しが降り注ぎます。

D0004500402entrance.jpgのサムネイル画像

こちらが子宝湯の正面です。神社やお寺を思わせる堂々とした宮造りで、立派な唐破風(からはふ)が特徴です。

投稿時間:17時39分


ページの一番上へ▲