2016年02月17日 (水)朝ドラの舞台を動画で見よう!PART 2 九州・沖縄地方


「朝ドラの舞台を動画で見よう!PART2」では、過去に放送された、九州と沖縄を取り上げた朝ドラの舞台を巡ります。

『まんてん』(2002~03年放送)の舞台 鹿児島・種子島

鹿児島県屋久島生まれのヒロイン・日高満天(まんてん・宮地真緒)は子どものころ、亡き漁師の父と見たロケット打ち上げの感動を胸に、大阪で気象予報士となります。さらに宇宙飛行士・毛利衛さんとの出会いをきっかけに、「宇宙からの気象予報」を目指します。

種子島宇宙センター

D0004500394_00000_S_004.jpg

ヒロイン満天が毛利衛さんと対面するシーンが種子島宇宙センター内にある「宇宙科学技術館」の周辺で撮影されました。

『ちゅらさん』(2001年放送)の舞台 沖縄・那覇

『ちゅらさん』は沖縄・小浜島の美しい自然の中で育ったヒロイン古波蔵恵理(国仲涼子)が、命の尊さや家族の絆を胸に、伸び伸びとおおらかに成長していく姿を描いた物語です。
ドラマの舞台は小浜島、沖縄本島、そして東京でした。

国際通り

D0004990609_00000_S_004.jpg

小浜島から那覇にやってきた古波蔵家。恵理のおばあ(平良とみ)とお母さん(田中好子)が働いていたのがこの国際通りの市場です。


紅型

紅型2のサムネイル画像
ドラマの中で、恵理は観光客と一緒に写真を撮るアルバイトをしていました。その時に着ていたのが沖縄の伝統的な衣装・紅型です。

『走らんか!』(1995~96年放送)の舞台 福岡・博多

博多祇園山笠

D0004990539_00000_S_004.jpg

舞台は九州・博多。主人公は博多人形師を父に持つ高校生、前田汐(三国一夫)。若者たちの恋愛や将来の悩みと、巣立ちを描く、青春物語。博多祇園山笠はドラマの中で何度か登場しました。

投稿時間:14時58分


ページの一番上へ▲