2016年08月03日 (水)みちしるで楽しむ、8月の祭り


夏祭りのシーズンです!東北から九州まで、全国各地の歴史ある祭りのなかから、いくつかをご紹介します。「一度は行ってみたいけど混んでいるかなぁ...」「実際に行くのはちょっと難しいなぁ...」と思っているあなた!みちしる動画で日本の夏をお楽しみください。


■竿燈まつり 8月3日(水)~6日(土) 秋田県秋田市

竿燈まつり

東北を代表する夏祭りのひとつ、秋田市の「竿燈(かんとう)まつり」。ちょうちんをつけた竹ざおを稲穂に見立てて高く掲げ、五穀豊穣などを祈る、江戸時代中期から続く行事です。夏の夜空を照らす竿燈の美しさだけでなく、「差し手」と呼ばれる男たちが魅せる妙技や勇壮さでも人気を集めています。


■山形花笠まつり 8月5日(金)~7日(日) 山形県山形市

山形花笠まつり

鮮やかな紅花をあしらった「花笠」で知られる祭りです。山形市中心部の通りを、花笠を手にした踊り手たちが「ヤッショ、マカショ」のかけ声とともに花笠を回して華麗な踊りを披露します。


■仙台七夕まつり 8月6日(土)~8日(月) 宮城県仙台市

仙台七夕まつり

仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」。仙台市内のアーケード街などを、豪華で華麗な笹飾りが彩ります。笹飾りは地元のみなさんの手作りによるものだそう。去年は210万人以上が訪れました。


■よさこい祭り 8月9日(火)~12日(金) 高知県高知市

よさこい祭り

色鮮やかな衣装の踊り子たちが鳴子を打ち鳴らしながら、息の合った踊りを披露するのが「よさこい祭り」。鳴子を手に持つなど、いくつかのルールを守れば、踊りや音楽は自由にアレンジできます。今年の「よさこい祭り」は、全国から205チーム、およそ1万8000人が参加する予定です。


■阿波おどり 8月12日(金)~15日(月) 徳島県徳島市

阿波おどり

徳島市の夏を彩る「阿波おどり」。今年は市内の6つの演舞場で「連」と呼ばれるおよそ860の踊りのグループが、三味線や太鼓が奏でる「ぞめき」というリズムにあわせて踊りを披露します。「女踊り」は手を上にあげて息を合わせる、あでやかな踊り。「男踊り」は、うちわやちょうちんを手に豪快に踊ります。


■郡上おどり「徹夜おどり」  8月13日(土)~16日(火) 岐阜県郡上市

郡上おどり

今年の岐阜県郡上市「郡上おどり」は7月9日(土)~9月3日(土)までの、32夜行われます。クライマックスの「徹夜おどり」では8月13日(土)~16日(火)の4夜、地元の人や観光客らが朝まで踊り明かします。古い街並みにおはやしが響くと、浴衣姿の踊り手たちが下駄を鳴らしたりかけ声を出したりして、夜通し楽しみます。


■山鹿灯籠まつり 8月15日(月)~16日(火) 熊本県山鹿市

山鹿灯籠まつり

千人灯籠踊り

浴衣姿の女性「灯籠娘(とうろうむすめ)」が和紙で出来た伝統工芸品の「山鹿灯籠」を頭に乗せて踊るのが「山鹿灯籠まつり」です。クライマックスは「千人灯籠踊り」が行われる8月16日。10代から80代までのおよそ1000人の女性たちが舞を披露し、幾重にも円を描くように舞う幻想的な雰囲気を楽しもうと、大勢の観客が訪れます。



最後に花火大会をご紹介します

■全国花火競技大会 8月27日(土) 秋田県大仙市

全国花火競技大会(大曲の花火)

90回目を迎える全国花火競技大会「大曲の花火」。大仙市雄物川(おものがわ)の河川敷で行われます。今年は、地元の秋田県をはじめ、全国から26の花火業者が参加し、およそ1万8000発の花火が夏の夜空を彩ります。70万人以上が訪れる見込みです。



投稿時間:10時00分


ページの一番上へ▲