公開ライブラリーのご案内
ご注意:NHKアーカイブスのホームページが開きます。
文字サイズ
小さいサイズ ふつうサイズ 大きいサイズ
ご使用のブラウザによっては、文字サイズが切り替わらないことがあります。


公開中の番組の詳しいご紹介
前ページへ 一覧へ 次ページへ

ドキュメントにっぽん
豊かな島をとりもどす夏 〜ゴミの島・22年目の決意〜
収録時間
49分
初回放送日
1997.08.29
ドキュメントにっぽん 豊かな島をとりもどす夏 〜ゴミの島・22年目の決意〜
 瀬戸内海に浮ぶ香川県・豊島(てしま)は、温暖な気候に恵まれた半農半漁の風光明媚な島である。ところが、20数年前から島の一角にダイオキシンなどを含む有害な産業廃棄物が不法に持ち込まれるようになった。投棄されたゴミは、50万トンに上り、当時全国最大規模の産業廃棄物の違法投棄事件と言われた。投棄が続いた間にゴミから出た有害物質は島の自然を汚し、住民たちを悩ませてきた。住民たちは、産業廃棄物の受け入れを認めた香川県に対し、ゴミの撤去を求めてきたが、県と住民の間を調停する国は、1997年夏、中間合意案として、ゴミを島内で無害化することを提案してきた。番組は、この合意案を受け入れるか議論を重ねながら大都市から持ち込まれた廃棄物を撤去し、美しい島を取り戻そうとする住民達の姿を描く。

たったひとつの地球
走れ!手づくり電気自動車
収録時間
15分
初回放送日
1997.10.27
たったひとつの地球 走れ!手づくり電気自動車
 排気ガスによる大気汚染は、粉じんの健康に与える影響の問題だけでなく、二酸化炭素の排出で地球温暖化の原因にもなっている。そこで環境保護のために電気自動車の開発が叫ばれているが、実用化はなかなか難しい。これを自分たちで作ろうとしている市民グループの手作り自動車への取り組みを紹介し、地球環境を守る必要性を考える小学生向けの番組。レポートとナレーションはタレントの清水國明さん。

NHKスペシャル
生殖異変〜しのびよる環境ホルモン汚染〜
収録時間
49分
初回放送日
1997.11.21
NHKスペシャル 生殖異変〜しのびよる環境ホルモン汚染〜
 いま日本の海辺で不思議な現象が現れている。イボニシというまき貝のメスのほとんどすべてに性転換が起こり、オスだけになり、卵が生めなくなったのである。原因は人間の作り出した「化学物質」。この汚染は「環境ホルモン汚染」と呼ばれる。
この番組ではアメリカ、イギリス、デンマークの研究をもとに、種の存続にかかわる「生殖異変」の現状をさぐり、日本各地で進められている実態調査を紹介していく。

時の記録 NHKスペシャル選
湿原は地球のオアシス 〜釧路湿原の不思議な世界〜
収録時間
80分
初回放送日
1999.07.03
時の記録 NHKスペシャル選 湿原は地球のオアシス 〜釧路湿原の不思議な世界〜
 1998年4月〜2000年3月に放送された「時の記録」は、「NHK特集」と「NHKスペシャル」の数多くの番組の中から、優れた作品や好評を得た作品を取り上げ、改めて放送した。「湿原は地球のオアシス 〜釧路湿原の不思議な世界〜」は、1991年9月に放送された。湿原は、渡り鳥や植物が生息する貴重な自然だが、湿原の本当の姿を私たちが知る機会はなかなかない。日本最大の広さを誇る釧路湿原では、いたるところからあふれ出る湧き水が、そこに暮らす生命を支えている。湿原の仕組みを学び、動物や植物の営みを観察する。そして周辺で進む開発が湿原にどういう影響を与えているかを考える。

新日本探訪
“闘士”が去った海 〜熊本県水俣市〜
収録時間
24分
初回放送日
1999.07.11
新日本探訪 “闘士”が去った海 〜熊本県水俣市〜
 水俣病に苦しむ被害者の救済を求め続けた川本輝夫さんが、1999年2月に亡くなった。 生前の川本さんは、チッソの工場で1年半にわたって抗議の座り込みを続けるなどの激しい運動で知られ、“闘士”と呼ばれていた。川本さんと交流のあった医師や運動をともにした人、そして川本さんの長男・愛一郎さんが、川本さんが残したものを自分なりに引き継いでいこうとする姿を伝える。

NHKスペシャル
白神山地 命そだてる森
収録時間
59分
初回放送日
2000.01.02
NHKスペシャル 白神山地 命そだてる森
 青森・秋田の両県にまたがり、世界最大の規模を誇るブナの原生林・白神山地。8000年もの間美しい姿を保ってきた巨大な森は、この地域の気候風土が作り上げ、命の循環がくり返されてきた世界であり、1993年世界遺産に登録されている。番組では、厳冬期から1年間の森の姿をハイビジョン映像で撮影し、たえず循環している森の生命力の深さと不思議さなどを紹介する。

20世紀 家族の歳月
もやいの海 〜水俣・杉本家の40年〜
収録時間
59分
初回放送日
2000.08.10
20世紀 家族の歳月 もやいの海 〜水俣・杉本家の40年〜
 水俣で長年漁業を続けてきた杉本栄子さんは、5人の息子を生み育てた水俣病患者である。水俣病の原因物質・有機水銀を海に流したチッソを相手に裁判を起こした杉本さん一家は、地元で疎外されてしまう。水俣にはチッソで働く家庭も多く、表立って批判することが はばかられる土地柄であったのである。苦労する親を見て育った息子たちは、みな会社員になり、ばらばらになってしまった。しかし、親子の葛藤、地域社会との葛藤を乗り越え、今は長男と四男が漁業を継いでいる。水俣病に苦しみながらも、船と船をつなぐもやい綱のように、家族のきずなを結び続けた栄子さんとその家族の40年を描く。

※2001年度 放送文化基金賞 テレビドキュメンタリー番組部門 本賞

サイエンスアイ シリーズ環境 第2回
〜酸性雨・解明すすむ生態系への影響〜
収録時間
44分
初回放送日
2001.11.03
サイエンスアイ シリーズ環境 第2回 〜酸性雨・解明すすむ生態系への影響〜
 ヨーロッパで森林破壊の原因となった酸性雨。日本では特有の生態系により、土壌の微生物や植物の活動で酸性雨の影響は出にくいとされてきた。しかし近年、各地で目立ってきた立ち枯れ被害を調べると、酸性雨の間接的、複合的な影響が出ていることがわかった。東アジアの大気汚染が偏西風に乗って日本に酸性雨を降らせ、車の排気ガスによって窒素を含む酸性雨が増えるなど、日本の土壌や川の酸性化がもたらす生態系への深刻な影響が心配されている。酸性雨の最前線に迫る。

ETV2002
地球温暖化で島が沈む 南の島 ツバルの選択
収録時間
44分
初回放送日
2002.05.06
地球温暖化で島が沈む 南の島 ツバルの選択
 南太平洋のサンゴ礁の島「ツバル」では、海水の洪水や海岸浸食で、島が水没しつつあり、島民は深刻な被害を受けている。ツバル政府は、今年、 住民を集団で移住させることを決断するに至った。地球温暖化よる海面上昇が原因だとする立場から「環境難民」という概念を打ち出し、各国に移民の受け入れを呼びかけている。現地を取材したビデオジャーナリストの神保哲生さんに、ツバルの現状と、移民受け入れについての各国の反応を聞くとともに、環境難民や国の主権問題、地球温暖化の世界への影響と日本への関わりなど、ツバルの選択が我々にどのような警告を発しているかについて聞く。

NHKスペシャル 21世紀 日本の課題
地球温暖化(2)〜大気の売買がはじまった〜
収録時間
49分
初回放送日
2002.08.25
NHKスペシャル 21世紀 日本の課題 地球温暖化(2)〜大気の売買がはじまった〜
 8月26日南アフリカ・ヨハネスブルグで「環境・開発サミット」が始まる。地球温暖化防止のための京都議定書の発効が暗礁に乗り上げた今、日本に何を求められているのか。環境外交という舞台で繰り広げられる大国による熾烈なパワーゲームの実態を明らかにするとともに、市場メカニズムを利用して温暖化を防止しようという排出権売買の知られざる最前性を追い、その可能性と課題に迫る。

NHKスペシャル
21世紀 日本の課題 飲み水の安全をどう守るのか
収録時間
59分
初回放送日
2003.03.15
NHKスペシャル 21世紀 日本の課題 飲み水の安全をどう守るのか
 ミネラルウォーターが売り上げを伸ばし、家庭に浄水器を設置する家庭が増えている近年、水道水の安全性への不安が広がっている。そうした中、専門家達の調査によって、水道水を汚染し安全性を脅かすさまざまな事実が明らかになってきている。なかなか交換がすすまない古い鉛管の問題や、水源への農薬混入の実態、更に水道水に含まれる発がん性物質・トリハロメタンの発生原因が新たにわかったのである。こうした飲み水の危機の実態と背景を明らかにするとともに、水道水の安全性を確保するために各地の浄水場や農業排水の現場などで行われている取り組みを紹介する。

前ページへ 一覧へ 次ページへ

▲このページのトップへ