公開ライブラリーのご案内
ご注意:NHKアーカイブスのホームページが開きます。
文字サイズ
小さいサイズ ふつうサイズ 大きいサイズ
ご使用のブラウザによっては、文字サイズが切り替わらないことがあります。


公開中の番組の詳しいご紹介
前ページへ 一覧へ 次ページへ

「たったひとつの地球」
私たちの暮らす地球に起こっているさまざまな環境などの問題。毎回、身近なテーマを取り上げ、その原因を知り、解決を考えることを通して、地球を大切にする気持ちを育てる、小学生向けの環境教育番組。

たったひとつの地球
森のひみつ
収録時間
20分
初回放送日
1996.10.14
たったひとつの地球 森のひみつ
 日本の面積の約70%は森である。そこで秋の森を訪ねてみると、たくさんのきのこや木の実があり、柔らかな土のなかには様々な虫がいた。そして雨水が地中でろ過されて清水となって岩からしみ出し、川には魚がたくさんいる・・・。森は人間に実りをもたらし、そこに暮らす生き物たちを守り育ててきたことが分かる。

たったひとつの地球
都会の虫の生き残り大作戦
収録時間
20分
初回放送日
1996.10.28
たったひとつの地球 都会の虫の生き残り大作戦
 コンクリートに囲まれ、自然を感じることが少なくなった都会。昔ながらの自然環境で生息していた虫たちは姿を消してしまった。しかし、なかには、都会の環境に適応した虫たちもいて、都会でたくましく生きて秋の夜には、街路樹や道路わきの植え込みから虫の音が聞こえてくる。人の手で管理されている自然の中で懸命に生きる虫の姿を紹介する。

たったひとつの地球
とけるコンクリート
収録時間
20分
初回放送日
1996.11.11
たったひとつの地球 とけるコンクリート
 コンクリートの建物の軒下につららのように垂れ下がっている場所がある。これは、空気中に広がった自動車の排気ガスなどが雨に溶け込んで酸性雨となり、コンクリートを溶かしてしまっているからなどと言われる。酸性雨は、山の木々も枯らしてしまう。便利な暮らしが空気を汚し、様々な影響を引き起こしている実態を学ぶ。

たったひとつの地球
枯(か)れた森
収録時間
20分
初回放送日
1996.11.25
たったひとつの地球 枯(か)れた森
 かつて銅山であった栃木県足尾町では、山の木を切り、岩を掘り出し、また、製錬の過程で発生する亜硫酸ガスが森を枯らしてしまった。人の手で破壊した自然を取り戻すのは大変なことであるが、現在は山に少しずつ緑が戻ってきている。岩だらけの痛々しい山肌に木を植える取り組みや、再生しつつある山の風景を紹介する。

たったひとつの地球
野生動物のお医者さん
収録時間
20分
初回放送日
1996.12.09
たったひとつの地球 野生動物のお医者さん
 北海道の獣医・森田正治さんは、交通事故などで足を失ったシカや翼を失った野鳥など、自然に帰ることのできない野生動物たちの世話をしている。事故は人間が動物たちの生息地である森を切り開いてつくった道路で多発する。森田さんの動物への愛情を通して、野生動物と人間との共存について考える。

たったひとつの地球
えづけでツルは増えたけれど
収録時間
20分
初回放送日
1997.02.03
たったひとつの地球 えづけでツルは増えたけれど
 鹿児島県出水市は、ツルの越冬地として有名な場所である。もともと農作物を荒らされないようにするために始められた餌付けだが、えさを求めて飛来するツルの数は年々増え、現在では伝染病の発生なども心配されている。人と動物との共存をかかげて行われている餌付けだが、どこまで動物たちのためになっているのかを考える。

たったひとつの地球
いのちの星は傷ついている
収録時間
20分
初回放送日
1997.03.03
たったひとつの地球 いのちの星は傷ついている
 広い宇宙の中で、ただひとつ豊かな「命」に恵まれている星・地球。人々は、森林の伐採や干潟の埋め立てなど自然に手を加えながら安全で快適な暮らしを送ってきたが、人口の増加とともに、地球の未来を脅かす様々な問題が起きている。人工衛星が捉えた地球の姿を見ながら、どうすれば自然と人間が共存していけるのかを考える。

ETV特集 ヒューマンドキュメントシリーズ
この海を忘れない 〜水俣病と闘った13年〜
収録時間
44分
初回放送日
1997.05.12
ETV特集 ヒューマンドキュメントシリーズ この海を忘れない 〜水俣病と闘った13年〜
 熊本県水俣市の対岸にある御所浦島は、長い間、水俣病患者が自ら患者であることを名乗り出なかったため、正式な患者の確認が遅れた島である。小林洋一郎さんは13年前にこの島に移り住み、潜水漁師として生計をたてながら、未認定患者が水俣病と認定されるよう、患者たちを支えてきた。その小林洋一郎さんが、平成9年島を離れることを決意した。平成6年に国が提示した患者救済のための和解案を島の人々が受け入れたことで、自分の役目が終わったと感じたからである。小林さんは、最後の仕事として、患者たちの話を聞き取り、文章にまとめている。水俣病患者たちと共に歩んだ13年間を振り返り、家族とともに島を離れるまでの日々を描く。

前ページへ 一覧へ 次ページへ

▲このページのトップへ