文字の大きさ
小さい文字 中くらい文字 大きい文字
番組公開ライブラリーで試聴できる番組のご紹介 ▲目次トップ
ドラマ、ラジオ−番組詳細
NHK劇場 テレビ音楽作品 魚が消えたとき愛はよみがえる
放送時間  33分    放送日  1975.07.27
「万物を動かす者の栄光は 宇宙をつらぬいて光り輝く…」というダンテの言葉から始まる幻想的な音楽作品。年老いた漁師が、美しく豊かな海と開発による環境破壊との接点に立たされて苦悩する。その姿を映像と言葉と音楽と舞踏で描き、現代社会へのひとつのメッセージとしている。
※イタリア賞受賞作品
土曜ドラマ 地球にやさしいあなたに贈る・地球をダメにする50のかんたんな方法
放送時間  89分    放送日  1992.10.17
原作:こがねみどり/脚本:こがねみどり・一色伸幸/演出:片岡敬司/音楽:篠原敬介 出演:竹中直人、南果歩、深津絵里、原ひさ子 ほか
郊外の一戸建てに住むサラリーマンの畑正男・良子夫婦は姑と同居をしているが、友人たちとのパーティに忙しく、享楽的な消費生活を楽しんでいる。ところが過激なまでの環境保護派である良子の妹・礼子が、東京の大学を受験するために上京し、姉夫婦の家に居候を始めた。環境保護派と環境無関心派が同居することになった畑家は、たいへんな騒ぎに巻き込まれていく…。環境をめぐるコミカルでファンタジックな一風変わったドラマ。
人生読本 医者の良心(1)
放送時間  10分    放送日  1970.03.09
戦後、郷里・富山県婦中町で開業医として地域医療に取り組んできた医師・萩野昇さん。 神通川流域で発生したイタイイタイ病の原因を追究するために長年研究を続け、患者と向き合ってきた半生を語る。
萩野さんの医院を訪れる患者には、「痛い、痛い」と苦痛を訴える人が多かった。骨がもろく、脈を診るために手首に触れただけで骨折するような症状、それが、神通川流域の住民に多いことに気づいた萩野さんは、川の水に原因があるのではないかと考えた。