文字の大きさ
小さい文字 中くらい文字 大きい文字
番組公開ライブラリーで試聴できる番組のご紹介 ▲目次トップ
環境教育番組−番組詳細
ティーンズTV 地球データマップ どうする大量消費社会
放送時間  20分    放送日  2007.11.08
中学・高校生に地球上の問題を考えてもらう教育番組。今の世界の仕組みは、環境破壊や貧困などの問題を生み出している。番組では、様々な統計データを地図に表した「データマップ」を使って、世界の現状をとらえ、持続可能な社会について考える。現代のライフスタイルは、自然破壊や温暖化、ごみ問題をもたらしている。そこで、暮らしを見つめ直しソーラーや風力を使う人達が出てきた。大量消費社会の現状を見つめ、どうすればいいかを考える。
ど〜する?地球のあした 海のゴミから地球がみえる(08年版)
放送時間  15分    放送日  2008.04.09
子どもたちに環境問題が自分たちの生活と密接につながっていることを知ってもらい、環境について自ら学び活動するきっかけにしてもらうことをねらいとする番組です。この回では大分県の中津干拓を例に、ゴミが環境に与える影響を考えます。人間が捨てたゴミが海の生き物を傷つけてしまったり、海流にのって遠い地に漂着している実態を紹介し、人々の暮らしが地球環境と結びついていることを考えます。
ど〜する?地球のあした 二酸化炭素はなぜ増える?
放送時間  15分    放送日  2008.05.14
この番組は、子どもたちに環境問題が自分たちの生活と密接につながっていることを知ってもらい、環境について自ら学び活動するきっかけにしてもらうことをねらいとしています。この回では、地球温暖化の大きな原因となっている二酸化炭素を取り上げます。人が便利に暮らすためには電力が必要で、それを生産するには石油が不可欠です。電気を発電したり消費したりすると、なぜ二酸化炭素が増えるのかを考えます。