文字の大きさ
小さい文字 中くらい文字 大きい文字
番組公開ライブラリーで試聴できる番組のご紹介 ▲目次トップ
環境教育番組−番組詳細
NHKジュニアスペシャル 地球 豊かさの限界
第5集 ごみを宝物に変えるすてきな方法
放送時間  44分    放送日  2004.02.07
先進国ではごみがどんどん増えている。扱いやすいプラスチック製品の普及が、その原因のひとつである。増え続けるごみをどう処分したらよいのか?また、ごみを減らすにはどうしたらいいのか?ごみに対する意識を高めるために、国内外で始まっている取り組みを紹介し、ごみの再利用方法を考える。
NHKジュニアスペシャル 地球 豊かさの限界
第7集 「欲」に負けず地球と仲よく暮らす方法
放送時間  44分    放送日  2004.02.21
人間が便利な暮らしを続けていると、地球の資源を使い尽くしてしまう恐れがある。しかし、人間の"便利にくらしたい"という「欲」が、科学技術を進歩させたという面もある。誰でも持っている「欲」をコントロールして、地球にやさしく、自分も納得できる暮らしを送るにはどうしたらよいか。食用の廃油を車の燃料にリサイクルしたり、家庭で出る生ごみを畑にまく液肥に変えたりするなど、全国の様々な地域で始められている取り組みを調べて考える。
目覚めよ小さないのち 〜自然再生に取り組む子どもたち〜
放送時間  44分    放送日  2004.08.07
栃木県にある湿原・渡良瀬遊水地に変化が起きている。渡良瀬川上流にあった足尾鉱山の有毒ガスによって木々が枯れ、山は保水力を失った。このため雨が降ると土砂が流出し、下流の湿原を埋めてしまったのである。乾燥した湿原では湿地植物の姿が急速に消え、絶滅危惧種に指定されているものもある。しかし、そうした貴重な植物は、湿地の土深くに種子の姿で眠っていることがわかってきた。この種を再び芽生えさせようと、地元の栃木県野木町立新橋小学校の児童たちと専門家が協力して研究を始めた。眠れる種子を掘り起こし、校庭に作った池・ビオトープで光と水を与えて育てたのである。番組は、人間の手によって破壊された自然環境の再生に取り組む小学生達の姿を追った。