文字の大きさ
小さい文字 中くらい文字 大きい文字
番組公開ライブラリーで試聴できる番組のご紹介 ▲目次トップ
自然環境−番組詳細
NHK特集 海人と巨大珊瑚礁 〜沖縄・海ものがたり〜
放送時間  45分    放送日  1988.05.09
2008年は国際珊瑚礁年。これは、海の生物の大切なすみかである珊瑚の現状を伝えその保護を国際的な規模で行おうという取り組みだ。沖縄の周辺には世界でも有数な珊瑚礁群が拡がっている。中でも宮古島の沖合いには4月から夏にかけて、大潮のときにだけ海面に姿を現す八重干瀬(やえびし)と呼ばれる巨大な珊瑚礁群がある。南北12キロ、東西8キロ、命はぐくむ豊かな海だ。番組では海への畏敬の気持ちを忘れない地元の人たちの暮らしと八重干瀬の豊かな自然の記録。
柿田川水中紀行
放送時間  30分    放送日  1988.08.06
柿田川は静岡県清水町にあります。富士山からの湧き水が集まってできた川で、狩野川に合流して駿河湾に注ぎます。柿田川は国道1号線のすぐ脇にあり、全長わずか1,200メートルの川ですが、名水百選にも指定されています。番組では、柿田川の春夏秋冬を紹介し、鮎の一生をハイビジョン映像でお送りします。
くらしのジャーナル ゆれる名水の町 〜福井県大野市〜
放送時間  32分    放送日  1991.10.03
福井県大野市には、日本名水百選に選ばれた豊かな湧き水の水脈がある。多くの家庭が飲料水を地下水に頼り、酒や豆腐など水を使った食品加工業が盛んな名水の町である。ところが、低迷する地域経済の解消策として自動車部品工場を誘致するという話が持ち上がった。水の恵みを受けて暮らす地域住民は、水質の汚染を恐れ、市に誘致の白紙撤回を求めたが受け入れられず、裁判を起こすことになった。これは、当時日本で初めての名水を巡る訴訟といわれた。農業の後継者が減り、活性化を求めて企業誘致を望む人々と名水を守りたい人々。裁判を間近に控え、地域振興と環境保存の間で揺れ動く名水の町を描く。
※1992年 地方の時代映像コンクール 優秀賞
この番組は、くらしのジャーナルの一部を公開しています。