文字の大きさ
小さい文字 中くらい文字 大きい文字
番組公開ライブラリーで試聴できる番組のご紹介 ▲目次トップ
地球環境問題−番組詳細
NHKスペシャル 気候大異変(2)環境の崩壊が止まらない
放送時間  52分    放送日  2006.02.19
スーパーコンピューター「地球シミュレータ」は、今後100年間に温暖化によって農作物の生産地の変化や熱帯病の拡大、海面上昇などが起こると予測する。これによって起きる悲劇を避けるにはどうすればよいのか。温室効果ガスの排出量を2050年に世界全体で50%削減しなければならないが、それは可能なのか、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)前議長のロバート・ワトソン博士を案内役に探る。
サイエンスZERO 進化するエコカー 電気自動車の挑戦
放送時間  44分    放送日  2007.10.13
地球温暖化に直面した現在、環境に配慮したエコカーの開発が世界中で進められている。注目の的は電気自動車。ガソリン車に比べて、二酸化炭素の排出量を4分の1に減らすという試算もある。電池やモーターの開発が進み、1回の充電で走れる距離が130キロというも車も登場した。また、家庭で手軽に充電ができるようになったことも電気自動車を身近なものにしている。温暖化防止に大きな役割を担う電気自動車の開発最前線に迫る。
司会:熊倉悟、安めぐみ/コメンテーター:手塚眞/ゲスト:渡辺正五(日本自動車研究所)
かんさい特集 守れ びわ湖の"呼吸" 〜迫る温暖化の脅威〜
放送時間  43分    放送日  2007.11.09
今、日本最大の湖・びわ湖には数々の異変が現れている。湖の底では酸素が減り、生き物の生息が脅かされている。湖の北部の港では、放し飼いにされていたカモが次々と死んだ。これは、以前から指摘されてきた水質汚染によるものではない。背景に地球温暖化があるとみられている。
番組では、温暖化の影響で湖の生態系が大きく変化したアフリカやカナダの湖にも取材し、びわ湖の異変が温暖化とどう関係しているのか。びわ湖の環境問題を長年にわたって調査してきた研究者とともに明らかにしていく。