• 100分de名著「万葉集」 第1回 言霊の宿る歌

    初回放送:2014年4月2日放送 / 24分

    読みたいとは思いながらも途中で挫折してしまう古今東西の“名著”を、25分×4回=100分で読み解く『100分de名著』。今回は、現存する日本最古の歌集「万葉集」を紹介。

    万葉集は、さまざまな時代に詠まれた歌を、後になって集めて編集したもの。時代によって歌の作風が大きく変わるため、歌が作られた年代ごとに4期に分類して作風の変化を追う。第1回では、万葉集の全体像についておさえるとともに、古代の人々が歌にこめた思いを明らかにする。

  • NHKスペシャル和食 ふたりの神様 最後の約束

    初回放送:2017年5月14日放送 / 49分

    1. 和食 ふたりの神様 最後の約束
    2. 人工知能 天使か悪魔か 2018

    和食の世界で「神様」と呼ばれる2人の料理人がいる。すし職人・小野二郎さん(放送当時91)。そして天ぷらの世界に君臨する伝説の職人・早乙女哲哉さん(同70)。2人は数十年に渡って互いの店を行き来し、言葉を交わすことなく味を確かめ合ってきた。海外からも注目を集める「和食」を極めた天才料理人の世界と、2人の隠された物語に迫る。

  • NHKスペシャル人工知能 天使か悪魔か 2018 未来がわかる その時あなたは…

    初回放送:2018年9月15日放送 / 49分

    1. 和食 ふたりの神様 最後の約束
    2. 人工知能 天使か悪魔か 2018

    人工知能=AIの進化で精度を増しているのが犯罪予測。アメリカの警察は続々AIを導入、犯罪が大きく減少している。また天気予報に今後の雨雲の分布を予測するAIを導入することで、予測も正確化、迅速化している。さらにAIは、人間が近い将来認知症などの病気を患う確率や、患者の余命まで数値予測するようになった。予測はするがその根拠は示さないブラックボックス=AIの最前線を追う。

  • NHKスペシャル人体 神秘の巨大ネットワーク 第二集 驚きのパワー! “脂肪と筋肉”が命を守る

    初回放送:2017年11月5日放送 / 49分

    1. 第二集
    2. 第三集

    タモリさん&山中伸弥さんのW司会で、新たな医学の潮流の全貌を8回にわたって紹介する大型シリーズ。最先端の医学の発見を楽しく探求する知的エンターテインメント!

    「脂肪なんて無いほうがいい!」「筋肉は体を動かすだけのものでしょ?」なんて思ったら大間違い。全身に作用するメッセージ物質を発して、私たちの命を守っていることが分かってきた。脂肪と筋肉の持つ驚きのパワーに迫る。

  • NHKスペシャル人体 神秘の巨大ネットワーク 第三集 “骨”が出す! 最高の若返り物質

    初回放送:2018年1月7日放送 / 49分

    1. 第二集
    2. 第三集

    タモリさん&山中伸弥さんのW司会で、新たな医学の潮流の全貌を8回にわたって紹介する大型シリーズ。最先端の医学の発見を楽しく探求する知的エンターテインメント!

    単に体を支えるものと考えられてきた骨。実は全身の「若さ」を生み出す大切な臓器だということが、最新科学で明らかになってきた。「記憶力」「筋力」「免疫力」、そして「精力」までも操る骨を、どうすれば強くし「若さ」を保ち続けられるのか、詳しく伝える。

  • クローズアップ現代音楽にすべてをささげて 左手のピアニスト・舘野 泉

    初回放送:2012年5月22日放送 / 26分

    1. 音楽にすべてをささげて
    2. 検証・西日本豪雨

    ピアニストの舘野泉は2002年に舞台で脳出血を起こし、右半身不随になった。しかしその後2年かけて左手だけの奏法を習得し、「左手のピアニスト」として復活した。左手の親指と人差し指で旋律を、残りの指で和音を弾くなど独自の奏法で、新たなレパートリーを開拓したのだ。2012年から2年かけて左手の音楽のツアーに取り組む舘野を取材、音楽を諦めず制約を美に変える挑戦を伝える。

  • クローズアップ現代+検証・西日本豪雨 〜何が生死を分けたのか〜

    初回放送:2018年7月31日放送 / 25分

    1. 音楽にすべてをささげて
    2. 検証・西日本豪雨

    2018年夏の西日本豪雨は、死者が200人を超えた。大規模な浸水で51人が犠牲になった岡山県倉敷市真備町では、その9割が高齢者だった。行政の避難情報だけでは避難が進まない実態がある。また、犠牲者が最多だった広島県では、4年前の土砂災害を教訓に対策を進めていた地域で被害が起きた。それはなぜか、生死を分けたのは何だったのか、避難情報のあり方、住民の日頃の自覚などを考える。

  • ザ・プレミアムあさが来た スピンオフ 「割れ鍋にとじ蓋」

    初回放送:2016年4月23日放送 / 89分

    連続テレビ小説「あさが来た」のスピンオフドラマ。舞台は、あさ(波瑠)や新次郎(玉木宏)が暮らしていた加野屋が銀行を開業する少し前。中番頭の亀助(三宅弘城)には、気になっていることがあった。それは、妻であるふゆ(清原果耶)との結婚を、ふゆの父・彦三郎(上杉祥三)に許してもらっていないこと。亀助は許しを得るためにある決意をするが、大番頭の雁助(山内圭哉)や謎の女性サツキ(ともさかりえ)を巻き込み大騒動に発展…。

【発掘番組】NHKに保存がなく、番組関係者や視聴者の皆さんからご提供いただいた番組です。

  • ふたりの部屋「さらば国分寺書店のオババ」〜かつをぶしの時代なのだ〜(1)〜(10)

    初回放送:1982年8月2〜6日、9〜13日放送 / 各16分

    椎名誠さんのデビュー作、スーパーエッセイ「さらば国分寺書店のオババ」(1979年)そして「かつをぶしの時代なのだ」(1981年)、2つの作品をミックスさせながら進む笑いとナンセンスに満ちた“ラジオドラマ風”番組です!椎名さん本人が『昭和軽薄体』と名付けた文体を見事に表現する伊武雅刀さんの声に引き込まれ、あなたはあっという間に“オババ”と“かつをぶし”の虜(とりこ)。さあ、どなたさまも一度聴いてみてください!聴き始めたら止まりません、一気に10回どうぞ。

    (この番組は保存がありませんでしたが、脚本を担当した津川泉さんから2015年に録音テープをご提供いただき、保存・公開にいたりました。)

  • プレミアムドラマ鴨川食堂 第七話 父の海苔(のり)

    初回放送:2016年2月21日放送 / 49分

    「思い出の食、捜します」その一行広告を頼りにたどり着く「鴨川食堂」。看板娘・鴨川こいしと父・流が客の望む食を突き止め、食事を再現する。

    こいし(忽那汐里)と流(萩原健一)を大学生の有名水泳選手・北野恭介(入江甚儀)が訪れる。ギャンブルが原因で母と離婚した父が入院し、会うかどうか悩んだ恭介は決断するため、中学時代に父が毎日作ってくれたのり弁を再現してほしいと言う。一方、こいしは母・掬子(財前直見)の家出の真相を聞こうと、流に内緒で…。

  • ドキュメント72時間駄菓子屋 子どもたちの小さな宇宙

    初回放送:2015年5月15日放送 / 25分

    「ガム当たった!」「クラス替えどうだった?」子どもたちのにぎやかな声が響くのは、神戸の下町にある駄菓子屋。ケンカをしたり、学校の悩みを相談したり…。夜になると、かつて常連だった若者たちが、懐かしい時間に浸りにやってくる。小さなようでどこか奥深い、不思議な駄菓子屋の世界を見つめる。

  • きかんしゃトーマス「ミリーをさがせ!」「こわれたスピーカー」

    初回放送:2017年11月19日放送 / 20分

    世界的人気を誇る「きかんしゃトーマス」のテレビシリーズ。

    ▽「ミリーをさがせ!」
    ある日、お城で働くミリーは仕事で採石場へ。代わりにスティーブンが公園のゴミの山を片づけるように頼まれる。しかし、お城のツアーで忙しく、つい後回しにしてしまう。

    ▽「こわれたスピーカー」
    ナップフォード駅に最新式のスピーカーが設置された。エドワードは、古いスピーカーをスクラップ置き場まで運ぶことに。そこにはスクラップが大好きなレッジが働いており、まだ十分使えるそのスピーカーをとても気に入る。

  • 新日本紀行サラブレッド草原 〜北海道・日高〜

    初回放送:1969年9月22日放送 / 29分

    1. サラブレッド草原
    2. インターチェンジの町

    全国の競走馬の8割を送り出していた北海道の日高地方を訪ね、馬を手塩にかけて育む人々を紹介する。

  • 新日本紀行インターチェンジの町 〜滋賀県栗東町〜

    初回放送:1969年10月6日放送 / 29分

    1. サラブレッド草原
    2. インターチェンジの町

    名神高速道路のインターチェンジができてから町が膨張した滋賀県栗東町(現・栗東市)を訪ね、競走馬のトレーニングセンターなど地域の変貌を伝える。