50音順(あ) な-の

アカイさんノート: 2017/01/09

日中共同制作ドラマ『大地の子』に主演! 上川隆也さんがドラマの見どころ& NHK作品出演の思い出を語る

kamikawaima.PNG

続きを読む

アカイさんノート: 2011/08/26

朝ドラ ヒロインのモデル

 2011年10月スタートの連続テレビ小説「カーネーション」。だんじり祭りで知られる大阪・岸和田を舞台に、洋裁に情熱を燃やし、女手ひとつで3人の娘を育てたヒロインの奮闘記を描く。ヒロインのモデル となったのは、ファッションデザイナーとして活躍するコシノヒロコ、ジュンコ、ミチコの母で、自身もファッションデザイナーの草分け的存在である小篠綾子。
 本作のように、連続テレビ小説で著名人の母がヒロインのモデルとなったのは3作品。それぞれに印象深いヒロインたちについて、おさらいしてみよう!

続きを読む

アカイさんノート: 2010/08/06

なにわの源蔵 事件帳

 1981(昭和56)年10月14日から水曜ドラマとして放送された「なにわの源蔵 事件帳」。文明開化の新しい息吹が感じられる明治初期の大阪を舞台に、元目明かしの源蔵が事件を解決していく"殺しのない捕り物帳"だ。有明夏夫の第八十回直木賞受賞作「大浪花諸人往来(だいなにわしょにんおうらい)」を原作にした一話完結のストーリーが人気を呼び、翌年に第2シリーズが放送された。

続きを読む

アカイさんノート: 2010/05/14

NHKのど自慢(2)

 "元祖・視聴者参加番組"として、60年以上にわたって親しまれてきた『NHKのど自慢』。
 1946(昭和21)年1月19日、『のど自慢素人音楽会』という番組名でスタートし、翌年『のど自慢素人演芸会』に改題。1970(昭和45)年4月、現在の番組名『NHKのど自慢』として大幅リニューアルしたという話は、前回お伝えしたとおりだ。

今回は、リニューアル後の時代を中心に、改めて『のど自慢』の人気の秘密に迫ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2010/04/30

NHKのど自慢(1)


 ことし(2010年)4月から、松本和也アナウンサーが司会を担当している『NHKのど自慢』。1946(昭和21)年のスタート以来、60年以上にわたって親しまれてきた長寿番組だ。 
 この"元祖・視聴者参加番組"が、かつて、打ち切りの危機に直面していたことは、あまり知られていない。
 今回は、番組のルーツと、いまの番組スタイルにリニューアルされた"1970年の大改革"を振り返ろう。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/09/25

四国が舞台の歴代『朝ドラ』

 2009年9月28日スタートの連続テレビ小説(朝ドラ)第81作『ウェルかめ』。一流ファッション誌の編集者を夢見るヒロイン・浜本波美が、ひょんなことから地元・徳島に戻り、ローカル誌の編集に奮闘する姿を描く。
 前作『つばさ』の舞台・埼玉(川越)を最後に全ての都道府県を一巡した朝ドラ。『ウェルかめ』からは、新たなスタートを切ったとも言える。
 そこで、今回は、『ウェルかめ』と同じく、四国を舞台とした懐かしの『朝ドラ』を振り返ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/10/03

少年ドラマシリーズ 『七瀬ふたたび』

『七瀬ふたたび』は、筒井康隆の同名小説が原作のSFドラマ。超能力を持つ若者たちの孤独と受難を描いた。少年ドラマシリーズの90作目として、1979(昭和54)年に全13回で放送された。2008年10月からの、平成版『七瀬ふたたび』の放送にあわせ、"元祖"のストーリーを振り返ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/08/22

少年ドラマシリーズ『なぞの転校生』

東京郊外の中学校を舞台に、抜群の学力と超能力を持った転校生の少年が引き起こす事件、そして、同級生たちとの友情を描く。眉村卓の同名原作のSFサスペンスドラマ。少年ドラマシリーズの54作目として、1975(昭和50)年に全9回で放送された。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/07/11

日本史探訪

 1970(昭和45)年4月、定時の歴史番組が登場した。それが『日本史探訪』である。毎週定時の歴史番組は、NHK・民放を通じて初めてだった。番組のねらいは、"茶の間の日本史"。歴史上の人物や出来事をテーマにして、著名な作家や評論家の自由な視点を軸に、日本史を見直そうというもので、折からの歴史ブームに乗ってファンを集めた。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/04/25

おかあさんといっしょ 『にこにこ、ぷん』

 『にこにこ、ぷん』は、1982(昭和57)年4月5日から1992(平成4)年10月3日まで『おかあさんといっしょ』(1959年~放送中)のコーナーとして放送された人形劇。
「にこにこ島」を舞台に、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの3人が、ともに笑い、ときにはけんかをして泣き、またあるときは冒険をしたりする、勇気と友情あふれる物語だ。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/02/15

ニュースセンター9時

 『ニュースセンター9時』は、1974(昭和49)年4月にスタートし、14年間続いた夜の総合ニュース番組。キャスターが自分の言葉で語りかけると共に、現場の映像と音声を生かす"現場主義"と、ニュースの当事者や取材者が現場から伝える "当事者主義"で、その後の日本のテレビニュースに大きな影響を与えた。愛称は『NC9(エヌシーナイン)』。
のちに人気番組となった『NC9』も、その船出は決して順風満帆ではなかった。今回は、そんなスタート時の話をしよう。

続きを読む

バックナンバーは過去100件の記事まで表示されます。さらに過去の記事は右列にある「アカイさんノート検索」などから検索してください。