50音順(あ) か-こ

アカイさんノート: 2017/06/25

NHK夏季オリンピック 放送テーマ曲

2016年のNHKリオデジャネイロオリンピック・リオデジャネイロパラリンピックの放送テーマソングは、安室奈美恵の「Hero」(ヒーロー)。NHKでは安室さんのDVDに収録されるミュージックビデオとは別に、NHKバージョンのミュージックビデオを放送。選手たちが勝利へ向かうように、安室さんが栄光を表すような黄金の道を歩いていく姿を映している。試合のダイジェストに合わせてこの曲が流れ、中継の後などにはこのミュージックビデオが放送されるなど、NHKのオリンピック・パラリンピック放送を「Hero」がよりいっそう盛り上げた。

amurogenzai.jpg

これまでも「あのオリンピックといえばこの曲」というように、皆さんの心の中にはオリンピックと共に数々のテーマソングが残っているのではないだろうか。では、これまでNHKのオリンピック放送を彩ってきたテーマソングとは、いつ頃から定着していったのか。ここでは歴代のオリンピックテーマソングを振り返ってみる。

続きを読む

アカイさんノート: 2012/10/10

Nスペが伝えた中国文明

 10月14日から3週にわたって放送されるNHKスペシャル「中国文明の謎」。NHKスペシャル(NHK特集)ではこれまでも、およそ3千5百年前の「殷」や「春秋・戦国」、そして「秦」の時代の中国の文明史をたどってきた。しかし今回の「中国文明の謎」では4千年前にさかのぼり、「夏」の時代に繰り広げられた王朝攻防のドラマを新発見の遺跡や文物の映像とともに紹介する。世界最古の王朝の謎に迫る前に、これまでのNHKスペシャルが放送してきた中国古代史を振り返ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2012/09/27

難事件を次々と解決!海外ミステリードラマ

「キャッスル ミステリー作家のNY事件簿」がBSプレミアムで10月3日からスタートする。NHKではこれまで数々の海外ミステリードラマを放送してきたが、その個性あふれる主人公たちが印象に残っている人も多いのではないだろうか。どんな探偵や刑事たちが難事件に取り組んできたのか。一癖も二癖もある彼らの活躍をふりかえってみよう。 

続きを読む

アカイさんノート: 2012/09/18

"朝ドラ"のヒロイン夫婦

 2012年4月より放送されている連続テレビ小説、第86作の「梅ちゃん先生」もいよいよ終盤戦。次に伝統ある朝ドラのバトンを受け取るのは、10月1日(月)にスタートする「純と愛」だ。ヒロイン・狩野純の家は祖父の代から宮古島で小さなホテルを経営している。現在ホテルを切り盛りしている父・善行と大ケンカの末、家を飛び出して大阪で働くことになった純は、不思議な青年・待田愛(いとし)と出会う。やがてふたりは結婚。降りかかる数々の困難を、力をあわせて乗り越えていく。
 連続テレビ小説では、本作のようにヒロイン夫婦を中心に描いた作品が多数あるが、その形は物語によってさまざま。そこで今まで“朝ドラ”ではどんな夫婦が登場してきたのか、振り返ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2012/03/30

歌謡番組

 総合テレビで毎週火曜日の夜、放送される歌謡番組といえばNHKホールからの公開生放送(原則)というスタイルが伝統だ。その歴史は1964(昭和39)年に始まった『歌のグランドショー』にまでさかのぼるが、毎週火曜日に定着したのは1980年4月の『歌のビッグステージ』からだった。番組タイトルは変わっても,現在放送中の『歌謡コンサート』まで、常に時代を映し続けてきた歌謡番組の足跡をたどってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2011/07/29

朝の情報番組

 1966(昭和41)年にスタートした「こんにちは奥さん」から現在放送中の「あさイチ」まで、40年以上に渡って放送されてきた朝の情報番組。主婦層をターゲットにさまざまな情報を発信してきた"朝の顔"を時代の変遷とともに振り返る。

続きを読む

アカイさんノート: 2011/01/17

コメディー お江戸でござる

 1995(平成7)年、総合テレビでスタート。江戸庶民の暮らしをコミカルに再現した芝居、歌謡、おもしろ江戸ばなしから成る3部構成のバラエティー番組として人気を博した「コメディー お江戸でござる」。コメディーでありながら教養的な満足感も得られる新感覚の番組で、2004(平成16)年に終了するまで9年間にも及ぶ人気長寿番組となった。「ごきげん歌謡笑劇団」へと続く「公開バラエティー」の決定版『コメディー お江戸でござる』とはどんな番組だったのか、その魅力を振り返ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2010/02/12

クイズ日本人の質問

 ことし(2010年)4月からはNHK総合テレビのゴールデンタイムにクイズ番組が復活する!子どもからお年寄りまで楽しめる『新感覚ゲーム クエスタ』(毎週木曜 20:00~20:45)だ。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/12/18

10年に一度のメモリアル『紅白』

1951(昭和26)年、正月のラジオ番組としてスタートした『NHK紅白歌合戦』が、ことし(2009年)12月31日、第60回の節目を迎える(1953年、正月と大みそかに放送)。
 そこで今回は、今から10年前、20年前・・・すなわち第50回、40回・・・10回までの節目の『紅白』を振り返ってみよう(各回の出場者などは、文末に)。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/10/23

『男の料理』『男の食彩』から『食彩浪漫』まで

 「男子厨房(ちゅうぼう)に入るべからず」は昔のはなし。いまは手作りのお弁当を会社や学校に持って行く「弁当男子」なる言葉が流行るほど、男性が料理をすることが特別なことではなくなった。
 そのはしりともなったのが、『きょうの料理』で1983(昭和58)年から8年間放送された『男の料理』だった。番組はその後、『男の食彩』(1991~2000年)、『新・男の食彩』(2000~03年)、さらに『食彩浪漫』(2003~09年)へと発展する。
 2009年3月に『食彩浪漫』は幕を閉じたが、女性目線とは少し異なった番組スタイルが多くのファンの支持を集めた。今回は、そんな"男の料理番組"を特集しよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/07/10

こども面白館

 『こども面白館』は、1977(昭和52)年度に、1年間放送された、小学生向けのバラエティー番組。スタジオに大勢の小学生たちが集まり、司会の坂本九がさまざまなゲストとともに、歌あり、手品あり、講談あり、アニメありと盛りだくさんの内容で、毎週土曜日の夕方に放送された。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/06/05

くらしの1分メモ

 『くらしの1分メモ』は、1986(昭和61)年4月にスタート。放送時刻が不定期ながら、1992(平成4)年3月まで6年にわたり放送され、制作本数が120本を超えた異例の人気ミニ番組。
 母から娘、姑から嫁へと長く受け継がれてきた料理や家事など、日本人の生活の知恵を1分間にまとめ、加賀美幸子アナウンサーが紹介する生活百科のポイント集だった。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/04/24

NHKスペシャル『驚異の小宇宙 人体』(1)

 NHKスペシャル『驚異の小宇宙 人体』は、1989(平成元)年の6月と9月、それぞれ3夜連続の6回シリーズで放送された科学ドキュメンタリー番組。身近でありながらほとんど知られていない"最後の秘境"人体を小宇宙にたとえて探求。その精緻(せいち)な働きを、電子顕微鏡などの実写映像をはじめ、CG(コンピューター・グラフィックス)、特撮映像を駆使して描き出した。今回はシリーズ前半の第1集から第3集を中心に、制作の舞台裏などを紹介しよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/03/06

ゲーム ホントにホント?

 『ゲーム ホントにホント!』は、1975(昭和50)年~81(昭和56)年まで6年間放送された視聴者参加のクイズ番組。4人の"ホントさん"がそれぞれの説を述べ、ハガキの応募で選ばれた4組の回答者が本当のホントを当てる、という形式だった。
 問題も視聴者からの投稿をもとに作成されたが、週に1000通を超えるハガキが寄せられるほどの人気を誇った。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/01/16

『大河』の中の直江兼続

 2009年大河ドラマ『天地人』の主人公、直江兼続(かねつぐ)。秀吉、家康らを魅了し、また最も恐れさせた男として描かれる。だが、これまで、その名を聞いたこともなかった、という方も多いだろう。
今回は、比較的最近の大河ドラマで兼続が登場したシーンを紹介しよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/12/19

『NHK紅白歌合戦』 誕生物語

 2009年には60回目の節目を迎える『NHK紅白歌合戦』。テレビ放送開始前、ラジオ時代から続く長寿番組は、どのように生まれたのか? なぜ、大みそかに放送するようになったのか?
 今回は、"国民的番組"『紅白』の誕生物語をひも解いてみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/11/21

クイズ百点満点(2)司会者編

 1988(昭和63)年開始の『クイズ百点満点』は、スポーツ担当が長かったNHKアナウンサーの大塚範一と、『600こちら情報部』』で人気だったNHK解説委員の田畑彦右衛門という男同士の組み合わせだった。今回は、人気クイズ番組を支えた異色のコンビを振り返ろう。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/11/14

クイズ百点満点(1)テーマ編

 『クイズ百点満点』は、1988(昭和63)年から6年間放送された日曜夜の"生放送・視聴者参加型"クイズ番組。 『クイズ面白ゼミナール』の後番組として始まった。
 いま最も関心の高いくらしの話題や時事問題を毎回、テーマに取り上げ、スタジオに集まった大学生と、電話回線でつながった視聴者が正解を競った。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/03/24

クイズ面白ゼミナール

 『クイズ面白ゼミナール』は、1981(昭和56)年から7年間続き、最高視聴率42.2%を記録(1982年9月12日)した人気クイズ番組である。毎回、鈴木健二アナウンサーのこんな決まり文句で始まった。「知るは楽しみなりと申しまして、知識をたくさん持つことは人生を楽しくしてくれるものでございます。私は当ゼミナールの主任教授でございます。それでは本日の学生さんを紹介いたします」

続きを読む

アカイさんノート: 2008/01/28

空中都市008

 『空中都市008』は、『ひょっこりひょうたん島』に続く、月曜~金曜午後6時台の人形劇シリーズ作品。 1969(昭和44)年の放送当時から見れば30年あまり後の、21世紀の未来が舞台のSF冒険人形劇である。

続きを読む

バックナンバーは過去100件の記事まで表示されます。さらに過去の記事は右列にある「アカイさんノート検索」などから検索してください。