アカイさんノート: 2013/02/15

「中学生日記」 国際エミー賞受賞!

 中学生日記 転校生シリーズ 「僕と君のメロディ」(2011年9月2日放送)が、子どもシリーズドラマ部門で2012年「国際エミー賞」を受賞しました!「国際エミー賞」は、世界のおよそ50か国の500放送機関等が加盟する「国際テレビ芸術科学アカデミー」が1969に創設した、アメリカ外で制作された優秀なテレビ番組に贈られる賞です。これを記念して、受賞作品を再放送します。

 

中学生日記 転校生シリーズ「僕と君のメロディ」 

放送:平成25年3月2日(土)午後5時~5時30分(総合・全国放送)

 「中学生日記」は、NHK名古屋放送局が現役中学生の実体験をもとに作ってきたドキュメンタリー要素の強いドラマ番組。前身の番組から数えて50 年間、その時代の中学生の悩みを描くことで、多くの同世代や親の世代、そして学校関係者の共感を得てきました。


 今回受賞した作品は、きつ音であるため話すことに自信がもてず心を閉ざした男子中学生を主人公に、彼がクラスメートとピアノの連弾を行うことを通じて心の交流を少しずつ果たしていく物語。ドラマは、きつ音の男子中学生の実体験がもとになっていて、この男子生徒が主人公を演じている。また、番組では、ドラマのほかに主人公を演じた少年のインタビューもあわせて放送し、大勢のスタッフに囲まれながら自分自身を演じたことで人間的に成長した少年の姿を描きました。

 cyugakusei_nikki_1.jpg

 cyugakusei_nikki_2.jpg

 「中学生日記」は惜しまれつつも昨年3月に、前身の『中学生時代』を含めて半世紀を越える歴史に幕を閉じました。今回の受賞は、その有終の美を飾るものとなり、また、その内容が世界に共感されるものであることを示すこととなりました。前身の番組では、竹下景子さんや森本レオさんも生徒役で出演していた歴史ある番組、NHKアーカイブスポータルサイトでは、次のようなコンテンツを紹介しています。あわせてご覧ください。

 

<番組紹介ページ>

『中学生次郎』(1962-1963年)  ※動画あり

『高校生時代』(1967-1968年)

『中学生群像』(1969-1972年)

『中学生日記』(1972-2012年) ※動画あり

 

<特集テーマ記事>

『中学生日記(1)』 番組の系譜と思い出の生徒役

『中学生日記(2)』 歴代の先生と番組で取り上げたテーマ

教育ドラマ『中学生日記』 

中学生日記 制作者座談会


※現在新規コメントは受け付けておりません

みなさんからの投稿

  • 自分は中学生日記をみて育ったと言っても過言ではありません。あの感動した番組をもう一度見たいです。どうか、再放送やDVDをしていただきたいです。

    もじゃ|投稿日2014年02月18日 10:29

  • 1997年度の中学生日記で、最初のところで、生徒達が、歌を歌っているところとボブヘアの若い女の人が観たいです。

    麻美|投稿日2013年12月29日 16:15

  • お願いします
    再放送して下さい又はDVD化して下さい
    これは残すべきドラマです。

    黒色白色|投稿日2013年12月10日 03:15

  • お願いします。もう一度だけ、放送してください。

    放送されないのならば、オンデマンドかあるいはDVD化を希望します。

    クロロ|投稿日2013年11月02日 01:20

  • 本日3月2日にエミー賞受賞作品の中学生日記を途中から
    みました。前半から全部見たいので再放送をお願いいたします。

    カンちゃん|投稿日2013年03月02日 21:22