アカイさんノート: 2013/07/12

著名人が母校で授業!『課外授業 ようこそ先輩』

『課外授業 ようこそ先輩』 「夢を夢で終わらせない」松井秀喜(野球選手)

各界の著名人が母校を訪れ、個性を生かしたユニークな授業を展開してきた『課外授業 ようこそ先輩』。1998(平成10)年のスタートから15年、500人以上が母校の教壇に立った同番組を振り返る。

スタートは1998(平成10)年

 映画監督や作家、ミュージシャンなど各分野の第一線で活躍する著名人が母校で授業を行う『課外授業 ようこそ先輩』。「娘、息子世代へのメッセージ」というコンセプトのなかで、教壇に立つ著名人たちはルールも教科書もない授業を行ってきた。番組の見どころは著名人たちがそれぞれの専門分野を最大限に生かしたユニークな授業内容。

ちなみに第1回に登場したのは落語家・桂三枝(現:六代目桂文枝)だった。舞台となった三枝の母校は大阪市大正区の北恩加島小学校。初めて目の前で落語に接し、三枝からそのスタイルや構成を学んだ子どもたちは、見よう見まねで小ばなしに挑戦!世界で唯一の授業を満喫した。

さまざまな職業の著名人が登場した同番組だが、落語家だけでも初回の桂三枝からはじまり、桂文珍(2001年)、立川志の輔(2002年)、柳家花緑(2007年)、桂米團治(2010年)、林家たい平(2010年)など個性豊かな顔ぶれがそれぞれの母校を訪問。その顔ぶれを見ただけでも、いかに多くの著名人が教壇に立ってきたかが分かる。 

20130712-1.gif

『課外授業 ようこそ先輩』  「料理の発想 無限大」コウケンテツ(料理研究家)

 

教える側も教わる側も成長する番組

 番組は母校を訪れた著名人が後輩たちを教える課外授業と、自らの学生時代や歩んできた道程を振り返るドキュメンタリーで構成される。これまで授業を行った著名人は15年にわたる番組の歴史のなかで500人以上にのぼり、スポーツ選手、歌手、俳優、文化人、音楽家、画家、作家など職業も経歴も百人百様。子どもたちはその生き方に触れるとともに、通常では味わうことのできないプロフェッショナルな技の一端に触れる。 

 普段とは違うユニークな授業に戸惑いを感じながらも、人間的魅力にもあふれる講師の授業に次第に引き込まれていく子どもたち。一方、著名人も教えることを通して自らを振り返り、そこから何かを学びとっていく。授業時自体は主に小学校高学年に向けたものだが、番組自体は大人目線で作られており、家族そろって楽しめる内容となっている。 

20130712-2.gif

『課外授業 ようこそ先輩』  「みんなが生まれる前に震災があった」杉良太郎(歌手・俳優)

 

教科書には載っていないスペシャルな授業 

 これまで放送された多彩な授業内容のなかから、ほんの一部を紹介。まず当時大リーガーとして活躍していた松井秀喜は石川県能美市立浜小学校の教壇に立ち、「誰よりもボールを遠くへ飛ばす」ことをテーマに授業を行った。野球経験のない子が多いなかマンツーマンで指導し、最後は自分の夢を書いた硬球でホームランを打つことに挑戦した。

料理研究家として人気を集めるコウケンテツが訪れたのは大阪府大阪市立海老江東小学校。母校をテーマにした定食作りにチャレンジした。自分たちが通う学校を“料理で表現”するなかで、子どもたちはさまざまな気づきを得ていった。 

歌手・俳優の杉良太郎は兵庫県長田市立長田小学校へ。ボランティア歴50年の杉が行ったのは、震災後に生まれた子どもたちに震災時の状況を伝える授業だった。授業に駆けつけた被災者の生の声を聞き、子どもたちは大震災の悲惨さを改めて学ぶこととなった。 

日本人2人目の女性宇宙飛行士として2010年に宇宙飛行を行った山崎直子の出身校は千葉県松戸市立相模台小学校。彼女は宇宙飛行士の選抜試験で実際に出された難問を子どもたちに出題。その難問とは「宇宙で暮らす人の“心を癒やす”ロボット」を考えること。子どもたちの豊かな発想力が発揮される授業となった。 

20130712-3.gif

『課外授業 ようこそ先輩』 「宇宙はワンダフル!」山崎直子(宇宙飛行士)

番組開始当初のテーマ曲はル・クプルが歌う「縁は異なもの」。2008(平成20)年からは周防義和が音楽を担当している。ちなみに番組のナレーションは各回で違い、宮川一朗太、宮﨑あおい、多部未華子、山本太郎、松村邦洋、市原悦子など出演者に負けず劣らず多彩なメンバーが顔をそろえている。

 各回のエピソードはほんの一部しか紹介できなかったが、視聴者のみなさんが記憶に残る“先輩”とその授業はどんなものがあっただろうか。また、自分の母校が登場し、懐かしく感じた人もいるかもしれない。

『課外授業 ようこそ先輩』 放送期間:1998(平成10)年4月2日〜

※現在新規コメントは受け付けておりません

みなさんからの投稿

  • 暑中お見舞い申し上げます。
    印象に残ってるのは、世界的なファッションモデルの山口小夜子さんが子どもたちと手作りファッションショーする回。
    山口さんがとても楽しんでらっしゃいましたよね。
    若くして亡くなられて本当に残念に想いました。

    更紗|投稿日2013年07月15日 17:28