アカイさんノート: 2010/04/02

"朝ドラ"ヒロインから"大河"女優へ

『江』主役発表


 2011年の大河ドラマ第50作は、『江(ごう)〜姫たちの戦国〜』。浅井長政と信長の妹・お市の方の三女として生まれ、後 に二代将軍・徳川秀忠の正室となった江の生涯を、田渕久美子のオリジナル脚本で描く。

 その主役・江役を上野樹里が務めることが、先日(2010年2月17日)発表された。連続テレビ小説(朝ドラ)第69作『てるてる家 族』(2003年)でヒロインの姉役として注目され、以降、多くの映画やドラマで活躍中の若手実力俳優だ。

20100402-n11.gif

 そこで今回は、朝ドラで注目を集め、後に大河ドラマで主役や、主役の妻を熱演した顔ぶれを見てみよう。

 

朝ドラのヒロインから大河の主役へ

 『江』と同じ田渕久美子の脚本で、一大ブームを巻き起こした大河ドラマ第47作『篤姫』(2008年)。主役を務めた宮崎あおいは、放送開始当時22歳1か月で、これは現時点で、大河ドラマ主役の最年少記録である。
 朝ドラ74作『純情きらり』(2006年)でヒロイン・桜子を演じているさなかに『篤姫』への出演依頼を受けた宮崎は、1年後に大 河の主役を務められるほど成長できているのか自信が持てず、出演を迷ったという。しかし、多くの俳優陣に支えられ、日々成長できることに魅力を感じ、出演を決意。朝ドラの撮影を終えてすぐに、大河ドラマの撮影準備に入った。


20100402-33.gif

『純情きらり』

 

20100402-44.gif

『篤姫』

 

 大河ドラマ第41作『利家とまつ~加賀百万石物語~』(2002年)では、朝ドラ54作『ひまわり』(1996年)のヒロイン・松嶋菜々子が唐沢寿明とダブル主演。
 くしくも松嶋は、『ひまわり』のクランクアップ記者会見で「今後の目標は?」と聞かれ、「大河ドラマに出たいです(笑)」 と答えたが、その目標が主役という形で現実のものになった。


20100402-55.gif

『ひまわり』

 

20100402-66.gif

『利家とまつ』

 

朝ドラで主役、大河では主人公の妻に

  朝ドラの主役を経験した後、大河ドラマで主人公の妻という重要な役どころを務めるケースも少なくない。
 以下、大河ドラマの放送順でご紹介しよう。

 朝ドラ26作『虹を織る』(1980年)でタカラジェンヌを目指すヒロイン・佳代を演じた紺野美沙子。大河ドラマ第26作『武田信玄』(1988年)では、一転して信玄(中井貴一)との愛情のもつれに苦しむ正室・三条の方を熱演した。


20100402-77.gif

『虹を織る』 紺野美沙子

 

20100402-88.gif

『武田信玄』

 

 ドラマ史上最高視聴率の62.9%を記録し国民的ドラマとなった朝ドラ『おしん』(1983年)。ヒロイン・田中裕子は、大河 ドラマ第28作『翔ぶが如く』(1990年)で西郷隆盛(西田敏行)の妻・いとを演じた。また、このドラマでは、第2部の明治編で 、ナレーションも務めている。


20100402-99.gif

『おしん』 田中裕子(右)

 

20100402-100.gif

『翔ぶが如く』

 

 朝ドラ34作『澪つくし』(1985年)で一途なヒロイン・かをるを演じた沢口靖子は、大河ドラマ35作『秀吉』(1996年)で 「脱優等生を目指します!」と宣言。秀吉(竹中直人)と丁々発止のやりとりをするチャーミングな正室・おねを熱演し、新機軸を打ち出した。


20100402-111.gif

『澪つくし』

 

20100402-122.gif

 『秀吉』

 

 一方、朝ドラ第48作『ひらり』(1992年)でチャキチャキの江戸っ子ヒロインを演じた石田ひかりは、一転して大河ドラマ 第37作『徳川慶喜』(1998年)では、慶喜(本木雅弘)の正室で公家出身の美賀という役どころだった。


20100402-133.gif

『ひらり』 

 

20100402-144.gif

 『徳川慶喜』

 

 朝ドラのヒロインから、ほぼ四半世紀を経て大河主人公の妻となったのが、大竹しのぶ。
 デビューの翌年、朝ドラ第15作『水色の時』(1975年)の主役・知子に抜てきされた大竹しのぶは、大河ドラマ第38作『元禄繚乱』(1999年)で大石内蔵助(中村勘九郎)の妻・りくを演じた。主役の勘九郎は「大竹さんは僕の初恋の人。夫婦役ができる のがとてもうれしい」と話し、大竹との息もぴったりだった。


20100402-155.gif

『水色の時』 

 

20100402-166.gif

 『元禄繚乱』

 

 ここ10年で、「朝ドラのヒロインから、大河主人公の妻役」は次の2つ。
 まずは、シングルマザーの子育て奮闘記を描いた朝ドラ第62作『私の青空』(2000年)のヒロイン・なずなを演じた田畑智子は 、大河ドラマ第43作『新選組!』(2004年)で近藤勇(香取慎吾)の妻・つね役を好演。新選組ゆかりの地・京都出身というこ とで、大河への出演に意欲を見せていた。


20100402-177.gif

『私の青空』 

 

20100402-188.gif

 『新選組!』

 

 そして、朝ドラ69作『てるてる家族』(2004年)で主役の冬子を演じたすぐ次の年、大河ドラマ第44作『義経』(2005年) で静役を務めた石原さとみ。
 大河ドラマへの出演について「時間をかけてじっくり役と向き合えるのが幸せ。朝ドラでは自分が役にどんどん近づいていく感覚があって、静役でもそんな経験ができることを期待しています」と話した。


20100402-199.gif

『てるてる家族』 

 

20100402-200.gif

 『義経』

 

 大河ドラマでヒロインを演じた後、連続テレビ小説で重要な役を演じた女優も多い。
藤村志保は、大河ドラマ第3作『太閤記』(1965年)で秀吉(緒形拳)の妻・ねね、第5作『三姉妹』(1967年)で岡田茉莉子、栗原小巻とともに主役を演じたあと、朝ドラで『ハイカラさん』(1982年)、『ひまわり』『てるてる家族』『だんだん』(2008年)など数多くの作品に参加している。
ほかに、大河ドラマ第10作『新・平家物語』(1972年)で平清盛(仲代達矢)の妻を演じ、後に『すずらん』(1999年)で朝ドラ初出演を果たした中村玉緒。また、大河ドラマ第15作『花神』(1977年)で主人公・村田蔵六(中村梅之助)の妻役だった加賀まりこが、『私の青空』(2000年)でヒロインの母親役を好演したのも印象に残っている。

さて、2010年3月29日にスタートした朝ドラ82作『ゲゲゲの女房』では、7本の大河ドラマ出演経験があり、中でも第23作『春の波濤』(1985年)で主役を務めた松坂慶子が朝ドラ初出演。松下奈緒が演じるヒロイン・村井布美枝を温かく見守る貸本屋の女将を演じる。こちらも注目だ。

(2010年4月2日記)


※現在新規コメントは受け付けておりません

みなさんからの投稿

  • 上野樹里さんの出演されている、大河ドラマ江、毎週楽しみにしています。浅井三姉妹がここまでじっくり描かれたことは、今までなかったのではないでしょうか。
    この機会に、上野樹里さんが出演されたてるてる家族の再放送を、ぜひお願いします。

    ユッカ|投稿日2011年09月08日 08:42

  • 宮崎あおいが出演した連続テレビ小説第74作目・純情きらりと大河ドラマ第47作目・篤姫はすごく感動しました。そして純情きらりを今後BS2で再放送して下さい。

    special|投稿日2010年06月07日 13:56

  • 投稿した後で、調子に乗って「朝ドラ主役→大河の主人公の妻」っていう括りから離れたこと書いちゃったなぁ~と反省!
    で、今思い出したんですけど、樫山文枝んが「おはなはん」のあと「天と地と」の乃美(なみ。宇佐美定行の娘)を演じてたなぁ~って。妻じゃないけど謙信の恋人っぽかったでしょ。
    あとは、山本陽子さんが「国盗り物語」で、斎藤道三の正室・小見の方を演じられて、ずっとあとの「京、ふたり」で主人公でしたよね。「朝ドラ→大河」じゃなくて「大河→朝ドラ」だけど。

    更紗|投稿日2010年04月05日 10:55

  • 沢口靖子さんは、私の中では、ねねさんより「太平記」の足利尊氏の正室・赤橋登子(だっけ?)ですねぇ~。
    あと、「大河」経由「朝ドラ」で印象が強いのは吉永小百合さんかなぁ。「風と雲と虹と」の貴子姫はちょっとショッキングな役柄でしたけど、「鮎のうた」では主人公・あゆの生みの母・すずさんが夢の中のおかあさんって感じで、やっぱりものすごぉ~く綺麗でした。
    加賀まりこさんは「花神」もだけど、「毛利元就」の藤野が、っていうか、藤野の髪型が強烈でした(笑)!
    主役じゃないけれど、竹下景子さんも、「独眼竜政宗」の喜多(梵天丸の乳母)とか、「ぴあの」のおかあさん(と長女)が好きでした。

    更紗|投稿日2010年04月03日 11:22