年代別(元号) 昭和20年代

アカイさんノート: 2010/05/14

NHKのど自慢(2)

 "元祖・視聴者参加番組"として、60年以上にわたって親しまれてきた『NHKのど自慢』。
 1946(昭和21)年1月19日、『のど自慢素人音楽会』という番組名でスタートし、翌年『のど自慢素人演芸会』に改題。1970(昭和45)年4月、現在の番組名『NHKのど自慢』として大幅リニューアルしたという話は、前回お伝えしたとおりだ。

今回は、リニューアル後の時代を中心に、改めて『のど自慢』の人気の秘密に迫ってみよう。

続きを読む

アカイさんノート: 2010/04/30

NHKのど自慢(1)


 ことし(2010年)4月から、松本和也アナウンサーが司会を担当している『NHKのど自慢』。1946(昭和21)年のスタート以来、60年以上にわたって親しまれてきた長寿番組だ。 
 この"元祖・視聴者参加番組"が、かつて、打ち切りの危機に直面していたことは、あまり知られていない。
 今回は、番組のルーツと、いまの番組スタイルにリニューアルされた"1970年の大改革"を振り返ろう。

続きを読む

アカイさんノート: 2009/05/22

ジェスチャー

 『ジェスチャー』は、テレビ放送が始まった1953(昭和28)年2月にスタート。以来、1968(昭和43)年まで15年にわたり放送され、絶大な人気を集めたテレビクイズ番組の草分け。
 紙で文章に書かれた問題を、身ぶり手ぶりと表情だけで表現し、男性チーム・女性チームに分かれて答えを当てるというものだった。

続きを読む

アカイさんノート: 2008/12/19

『NHK紅白歌合戦』 誕生物語

 2009年には60回目の節目を迎える『NHK紅白歌合戦』。テレビ放送開始前、ラジオ時代から続く長寿番組は、どのように生まれたのか? なぜ、大みそかに放送するようになったのか?
 今回は、"国民的番組"『紅白』の誕生物語をひも解いてみよう。

続きを読む

バックナンバーは過去100件の記事まで表示されます。さらに過去の記事は右列にある「アカイさんノート検索」などから検索してください。