2017年3月の記事

アカイさんノート: 2017/03/27

NHK人物録 沢村一樹

sawamuraima.PNG

続きを読む

アカイさんノート: 2017/03/27

NHK人物録 有村架純

arimuraima.PNG

続きを読む

アカイさんノート: 2017/03/26

大河ドラマ おんな城主 直虎 【第12回「おんな城主直虎」】

次郎のけなげさにジーン・・・

假屋崎省吾さんが大河ドラマ『おんな城主 直虎』をレコメンド!

大河ドラマ おんな城主 直虎

【第12回「おんな城主直虎」】

S01-001-12.jpg
archives_comment_button01.gif

戦国の世だからしょうがないといえばしょうがないけど、今川家の仕打ちはほんとうに理不尽ですね。井伊家が一族もろとも犠牲者になってみんな死んでしまう。その分、父親と同じ道を歩む政次だけが助かるなんて…。雪混じりの寒い日にもかかわらず一人黙々と水ごりする次郎、あまりのけなげさにジーンときます。そして、いよいよ直虎の登場シーンは圧巻でスカッとしました。次回がまた待ちどおしい!

▼他の回のレコメンドはこちら!

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050595_00000

アカイさんノート: 2017/03/25

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神 【第9回「呼びあう魂」】

やっとバルサとチャグムが!

高橋愛さんが大河ファンタジー『精霊の守り人』をレコメンド!

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神

【第9回「呼びあう魂」】

09file_000fmd.jpgarchives_comment_button01.gif

いよいよバルサがチャグム王子と出会える!!!と思ったのに。あのシハナがチャグムを救ってくれるなんて! 目の前で仲間や父のスファルが殺されて、でもチャグムを守ろうとしてくれるシハナがとても愛おしくなりました。そんな中!やっと現れたバルサ!本当に待ってました!!!!という感じでカッコよかったな~。やっと、、やっと出会えたのにもう終わり!!!?もう続きが見たくてうずうずしてます。

▼他の回のレコメンドはこちら!

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050444_00000

アカイさんノート: 2017/03/20

松本清張シリーズ『最後の自画像』に出演! いしだあゆみさんがドラマの見どころ& NHK作品の思い出を語る

ishidaima.PNG

続きを読む

アカイさんノート: 2017/03/19

大河ドラマ おんな城主 直虎 【第11回「さらば愛しき人よ」】

今生の別れと知りながら・・・切ない・・・

林家きく姫さんが大河ドラマ『おんな城主 直虎』をレコメンド!

大河ドラマ おんな城主 直虎

【第11回「さらば愛しき人よ」】

S04-001.jpgarchives_comment_button01.gif

もう、誰も信じられない⁉人間不信になりそうですが、自分や身内を優先させるのは当然でしょうし、そこを責めるより起きてしまったことへ懸命に向き合う姿勢が印象的でした。生きては戻れないと分かっていても直親を見送らなければならない状況で発した次郎の言葉に、同じ気持ちになって観ていました。

▼他の回のレコメンドはこちら!

 http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050595_00000

アカイさんノート: 2017/03/18

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神 【第8回「王子の足跡」】

会えそうで会えない・・・

高橋愛さんが大河ファンタジー『精霊の守り人』をレコメンド!

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神

【第8回「王子の足跡」】

file_000fm6.jpgarchives_comment_button01.gif

チャグムの用心棒を任されたバルサ。敵も多く、やられてしまう!という時にヒュウゴが現れて助かった!と思っていたのですが、、まさかのチャグムが踊らされていたとは。さらに頭の中が混乱してしまいました。。一体どっちだったのでしょうか(>_<)味方であって欲しいなと思いました。バルサとチャグム、会えそうで会えない感じがスリルがあってとても楽しいのですが、、会える事を切に願います!

▼他の回のレコメンドはこちら!

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050444_00000

アカイさんノート: 2017/03/16

【訃報 渡瀬恒彦さん】

俳優の渡瀬恒彦さんが14日午後、お亡くなりになりました。これまでNHKに出演いただいた作品は多数。その中から5つの作品をご紹介いたします。生前のご活躍を偲び、ダイジェスト動画と配信番組でご覧ください。

★真田太平記(真田信幸役/1985年)

D0009010620_00000_S_001.jpgarchives_comment_button01.gif武田に仕えていた一豪族ながら、上杉、北条、徳川ら大名と互角に戦い、戦国の世に名を知らしめた真田一族。その陰には、敵味方に別れた父子、兄弟の愛と葛藤(かっとう)があった。軍略と反骨の武将・真田昌幸を丹波哲郎、真田の命脈を守り通す嫡男・信幸を渡瀬恒彦、武勇の誉れ高い次男・幸村を草刈正雄が熱演。真田一族の興亡と忍びの活躍を描く池波正太郎の小説を映像化した大型時代劇である。

★大河ドラマ 武蔵 MUSASHI(沢庵役/2003年)

2017-03-16_111024.jpgarchives_comment_button01.gif戦国時代末期から江戸時代にかけての動乱の世を駆け抜けた剣豪、宮本武蔵。人間が誰しも持っている弱さを克服し、己の道を切り開いていく一人の人間像を、お通との恋や又八との友情を中心に丹念に描く。主演は市川新之助(11代目・海老蔵)、親友の本位田又八を堤真一、幼なじみの恋人・お通を米倉涼子、ライバルの佐々木小次郎を松岡昌宏が演じた。

★大河ドラマ 炎立つ(藤原秀衡役/1993年)

2.jpgarchives_comment_button01.gif平安時代末期、東北の都・平泉に君臨した奥州藤原氏の四代にわたる興亡を、清衡の父・経清の時代から3部構成でつづる壮大な物語。渡辺謙が1部(経清)と3部(泰衡)の主役を演じ分け、2部では村上弘明が清衡を演じた。ドラマのために建てられたオープンセットは撮影終了後、「えさし藤原の郷」として維持され、テーマパーク兼撮影所として多くのドラマや映画の撮影に利用されている。

★ちりとてちん(徒然亭草若役/2007年)

soujakua.jpgarchives_comment_button01.gif心配性でコンプレックスだらけのヒロイン・和田喜代美。高校卒業を目前に、一大決心をして故郷の福井県小浜から大阪へと飛び出す。そこで上方落語と出会い、やがて彼女は落語家を志すことに・・・。恋あり涙ありの人情ドラマ。悩めるヒロイン・喜代美を貫地谷しほりが熱演した。

▼渡瀬恒彦さんご出演シーン NHK名作座『ちりとてちん』~ダイジェスト動画で名作を振り返るWEB絵巻~

天才落語家役の渡瀬さんと #貫地谷しほり さんが出会う名シーン、渡瀬さんのお声が心にしみます。

https://cgi2.nhk.or.jp/archives/meisakuza/?v=35&d=D0009111026_00000

天才落語家役の渡瀬さんが落語「愛宕山(あたごやま)」を披露 。

https://cgi2.nhk.or.jp/archives/meisakuza/?v=35&d=D0009111028_00000

 

★連続テレビ小説 おしん(農民活動家・高倉浩太役/1983年)

oshinnwatase.jpgarchives_comment_button01.gif橋田壽賀子が手がけた、「連続テレビ小説」第31作目。山形の寒村に生まれたヒロイン・おしんが、明治から昭和まで80余年の激動の時代を懸命に生きる生涯を描く。けなげな少女期を小林綾子、青春期から中年期を田中裕子、晩年を乙羽信子という三人の女優が演じ分け、日本中に「おしんブーム」を巻き起こした。平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という驚異的な数字を記録した。

▼渡瀬恒彦さんご出演シーン NHK名作座『おしん』~ダイジェスト動画で名作を振り返るWEB絵巻~

https://cgi2.nhk.or.jp/archives/meisakuza/?v=32&d=D0009110951_00000

アカイさんノート: 2017/03/13

松本清張シリーズ『遠い接近』に出演! 伊佐山ひろ子さんが当時の心境やNHK出演作品での思い出を語る

isayamaima.jpg

続きを読む

アカイさんノート: 2017/03/12

大河ドラマ おんな城主 直虎 【第10回「走れ竜宮小僧」】

 「鶴」「亀」と呼び合う2人に・・・

假屋崎省吾さんが大河ドラマ『おんな城主 直虎』をレコメンド!

大河ドラマ おんな城主 直虎

【第10回「走れ竜宮小僧」】

S01-001-10.jpg


archives_comment_button01.gif それぞれの思いが錯綜する中、直親は冷静沈着な判断で、その場をうまく収めましたね!一件落着して直親と政次が涸れ井戸で出会い、お互いを鶴、亀と昔の名前で呼ぶ場面、ランランのピアノの音色が心に沁みます。おとわは「日々是好日」、良い日も悪い日もかけがえのない1日。そんな気持ちで毎日をすごさなくてはなりません!と。生きるとは、そういうことなのですね。そしてまたとんでもないことが!

▼他の回のレコメンドはこちら!

 http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050595_00000

アカイさんノート: 2017/03/05

大河ドラマ おんな城主 直虎 【第9回「桶狭間に死す」】

井伊に新たな希望が・・・

林家きく姫さんが大河ドラマ『おんな城主 直虎』をレコメンド!

大河ドラマ おんな城主 直虎

【第9回「桶狭間に死す」】

09_11_015.jpgarchives_comment_button01.gif

直盛や多くの家臣を亡くした悲しみの中、しのが妊娠した話は、希望を与えてくれました。しのの「跡継ぎができました」という言い方に深い意味が表れていましたね。『跡継ぎ』と言い切れるのは、直盛の死後、突然に授かった新しい命は直盛そのもので、井伊に存在していると確信しているからですよね。

▼他の回のレコメンドはこちら!

 http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050595_00000

アカイさんノート: 2017/03/04

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神 【第7回「神の守り人」】

バルサのすべてが素晴らしい!

高橋愛さんが大河ファンタジー『精霊の守り人』をレコメンド!

大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神

【第7回「神の守り人」】

file_000ff4.jpgarchives_comment_button01.gif

ロタとタルの争いになり、アスラが破壊神になってしまう!とハラハラドキドキ。でも、アスラの心にはバルサの言葉がしっかり残っていました。「神様になりたくない」と口にした時、本当に本当によかったなと涙が出そうになりました。バルサという人間は、本当にすごいです!想像もつかない言葉や行動は、アスラだけではなく視聴者の心も刺す。そのバルサを演じる綾瀬さんが本当に素晴らしいです!

▼他の回のレコメンドはこちら!

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/comment/?v=m&did=D0009050444_00000