ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK青森放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK青森放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2月 あおもりの番組

2月 あおもりの番組

 

放送予定

あっぷるラジオ

2月8日(金)ラジオ第1 後0:20〜0:55【青森県内向け放送】

お昼休みのひととき、ラジオを聞きながら子供の頃の気持ちに戻ってみるのはいかがですか?
2月8日(金)は「絵本大好き!ハッピーチルドレン♪」。絵本の読み聞かせのコーナーです。
なぜラジオで絵本?…いや、ラジオだからこそ絵本なのです!「絵本の会」の大友栄子さんによる
巧みな読み聞かせで、音だけで絵本の世界を堪能できます。今回の作品は「ほしをさがしに」。
ファンタジーの世界にひたると気分もリフレッシュ!午後からも頑張れますよ!
気象予報士の阿見武寛のコーナー“アミーゴのお天気ストレート”では、
天気にまつわるクイズも出題しますので、ぜひ、挑戦してみてください

 

 

第40回NHK東北民謡コンクール
 〜青森市男女共同参画プラザ「カダール」AV多機能ホールで収録〜

2月8日(金)FM 後6:00〜後6:50【東北6県向け放送】

今年で40回目を迎えたNHK東北民謡コンクール青森県大会。東北一を競う「大賞部門」7人と将来の民謡界を担う若手の「ジュニア部門」3人が自慢の歌声で競いあいます。青森県大会を勝ち抜いた「大賞部門」2人と「ジュニア部門」1人が2月17日に宮城県多賀城市で行われる優勝大会への出場を手にします。

 

 

第6回 お国ことばdeのどじまん 〜藤崎町文化センターで収録〜

2月8日(金)総合 後7:30〜8:40【青森県内向け放送】

<再>2月16日(土)総合 前10:05〜11:15【青森県内向け放送】

予選を通過した13組が「お国ことば」で歌う青森版ローカルのど自慢!「0.R.I.O.N」「ひまわりの約束」「川の流れのように」…ポップスから演歌まで、様々な名曲が青森の方言で味わえます!「男の勲章」のお国ことば対決も必見!MC古坂大魔王と出場者が繰り広げるなまり全開のトークにゲストの香西かおりは解読不能!?この番組を見ればあなたも方言に誇りを持って使ってみたくなる!お国ことばを全力で応援する音楽バラエティー番組。香西かおりのしっとりとした歌声も、ぜひお楽しみに!

 

 

東北のパラアスリートにエールを!〜Tokyo2020への挑戦〜

2月9日(土)総合 前11:05〜11:54【東北6県向け放送】

来年に迫った東京パラリンピックに向けて、NHK仙台放送局から公開生放送で送るパラスポーツの特別番組。車いすバスケットボールの豊島英選手、車いすラグビーの庄子健選手、陸上やり投げの齋藤由希子選手をお招きし、ゲストの篠田麻里子さんらとともに2020年に向けた期待を熱く語り合います。パラスポーツ体験コーナーやアスリートが躍動する姿を描いた墨絵の展示などイベントの様子も交え、東北のパラスポーツを盛り上げます。

 

 

ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!
 〜愛があふれる名前SP〜

2月14日(木)総合 後7:30〜8:15【全国放送】 

<再>2月19日(火)総合 前0:20〜1:05【全国放送】※18日深夜

日本人の名前の意味や歴史をひもとくバラエティー。今回は、バレンタインデーにちなみ、「愛があふれる名前SP」。愛にまつわる名前の疑問を解決!「妻神さん」が多く住む青森県十和田市に残る風習から、古の男女の恋愛観を解き明かします。

 

 

4Kでよみがえるあの番組 新日本紀行「弘前」

2月16日(土)BS4K 前8:00〜8:43【全国放送】

<再>2月17日(日)BS4K 後11:00〜11:43【全国放送】

4K映像の新日本紀行と、その土地の今を伝えるミニ紀行をご覧いただきます。リンゴ生産の中心地として知られる弘前。新日本紀行が放送された昭和43年は、バナナなどの輸入果物が増えていた時代。農家は少しでもおいしいリンゴを目指して、懸命に品種改良に取り組んでいました。番組には、手間のかかる作業を丹念に続ける津軽塗の職人の姿も。こうした弘前の人々の粘り強い気質は、半世紀の時が流れた今も、若い世代に受け継がれています。

 

 

四・季・彩 〜光あふれる みちのくで〜

2月16日(土)BSプレミアム 前11:00〜後0:00【全国放送】

冬、地吹雪が吹き上がる津軽の白銀の世界が広がり、人々は春の訪れを待ちわびます。春、雪解けとともに山筋を駆け上がる“ブナの峰走り”で会津の山々は新緑に色づき、東北各地は満開の桜に彩られます。夏、極彩色のねぶた祭りと闇夜に淡い色が映える大曲の花火が短い夏を楽しむかのように情熱を爆発させます。秋、三陸の海から岩手の川を遡上する銀色のサケと真っ赤なイクラ、そして穀倉地帯を黄金色に照らす稲穂が収穫の時を迎えます。四季の彩り=”四季彩“と東北みちのくの恵みを受けながら暮らす人々の営みを、4Kスーパーハイビジョンの圧倒的な映像美で描き出す紀行ドキュメンタリー。この番組を見れば、みなさんも東北を旅してみたくなるはずです。

 

 

発見!あおもり深世界 「ノーナレ 津軽雪空港」

2月22日(金)総合 後7:30〜7:57【青森県内向け放送】

日本一雪の多い青森空港で、飛行機を離着陸させるため奮闘する裏方たちに密着。滑走路を除雪する精鋭部隊「ホワイトインパルス」。20台以上の除雪車による一糸乱れぬフォーメーションとスピードは圧巻。飛行機では、整備士たちが主翼部への雪を限られた時間で次々と取り除きます。豪雪、大寒波、ホワイトアウト…大雪で繰り広げられる緊迫の離着陸劇。雪と闘う男たちをマルチアングルでお届けする、ナレーション一切なしのドキュメント。

 

 

東北ココから「イタコと震災遺族〜亡き人に寄せる思い〜」

2月23日(土)総合 前10:55〜11:22【東北6県向け放送】 

震災からまもなく8年。大切な人を津波で失った震災の遺族がすがる思いで会いに行く人がいます。江戸時代から続く青森・南部イタコの8世代、中村タケさんです。死者の魂を自身に呼び降ろす「口寄せ」で、亡き人の声を遺族に伝えてきました。「もしかしたら自分はあの人を救えたんじゃないか」「今どこにいるのか」…。決して答えが出ることのない重い問いを8年間、自分自身に向け続けてきた遺族たち。番組では、中村タケさんに口寄せを依頼する震災遺族に密着。イタコの口寄せを通して、遺族が抱えてきた8年の葛藤と遺族が救われるまでの心の軌跡を描きます。

  
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ