STORY ドラマのみどころ・あらすじ

 青森県青森市。八甲田の山麓にあるラーメン屋。うだつのあがらない49歳の男・服部徹(吉田栄作)が切り盛りする寂れっぷりはなはだしい店だ。 店で唯一のメニューは、28年前に廃止された青函連絡船の名物「海峡ラーメン」。徹がこのラーメンにこだわるのは、ひとつの“後悔”をあの船に残してきたからだ。
 ある日、明(大西信満)・ゆみ(田畑智子)という怪しげな男女が、認知症の老人(平泉 成)を連れて徹の店にやってきた。老人がラーメンをすするのを、固唾をのんで見守る2人。
「こいつら一体何なんだ?」いぶかしがる徹。明はカウンセラーで、老人の孫娘の依頼で彼の記憶を取り戻そうとしているのだという。「青函連絡船が彼の記憶のカギ。青森港で展示されている元連絡船・八甲田丸を昔のように完全復活させればきっと記憶を取り戻すはずだ。船の上で海峡ラーメンを作ってくれ!」突然の頼みに戸惑う徹だったが、かつての“後悔”が、彼を八甲田丸の調理場へと向かわせるのだった。
……なーんてイイ話に見せかけて、明の正体は日本中の金銀財宝をねらうトレジャーハンター!!本当の目的は、老人だけがありかを知る“津軽海峡の宝”だった!!『さぁ老人よ、思い出せ!宝は一体どこにある!?』果たして、八甲田丸はよみがえるのか?宝は見つかるのか?そして、徹の“後悔”とは…!?止まっていた時間が、28年の時を越えて、いまドタバタと動き出す!!

STAFF 制作スタッフ

畑澤聖悟

劇作家・演出家。青森市を拠点とする劇団「渡辺源四郎商店」で、地域に根差した社会問題などをコメディータッチで描く戯曲を多く発表している。現役の高校教員でもあり、指導した演劇部を9度の全国大会出場、3度の日本一に導く。2012~2014年にかけて、青函連絡船がテーマの市民劇を毎年開催した。

青函連絡船の廃止から28年。北海道新幹線の開通を迎え、連絡船はますます過去のものになっていきます。でも八甲田丸を 懐かしがるだけのものにしたくはありません。八甲田丸を舞台にこれからを生きていく人と街の未来のお話を書いてみました。どうぞご期待ください。

制作統括/柳沢晋二(NHK青森放送局) 演出/橋爪國臣(NHK青森放送局)
TOPへ戻る
※NHKサイトを離れます