ページの本文へ

  1. トップページ
  2. おすすめ番組
  3. 夏の高校野球 青森大会 決勝みどころ紹介

夏の高校野球 青森大会 決勝みどころ紹介

執筆者園田遼斗(アナウンサー)
2022年07月21日 (木)

夏の高校野球 青森大会 決勝みどころ紹介

夏の甲子園出場をかけて、59校50チームが出場している
夏の高校野球 青森大会。

残るは決勝のみとなりました。

決勝は、八工大一 対 八戸学院光星の八戸勢同士の対決です。

八工大一

第一シードの青森山田を破って、決勝に進んだ八工大一。

準決勝ではバントや走塁などの小技が光りました。
安打がなくても得点につなげる“つなぎの野球”が最大の特徴です。
打線は、トップバッターのキャプテン砂と今大会10打数6安打6打点と一番当たっている2年生の長谷地。この二人が攻撃のキーマンになります。

守りでは、エースの廣野とキャッチャーの葛西のバッテリーに注目。

最速144キロのストレートと切れ味抜群のスライダーを持つ廣野投手を去年から正捕手として出場していた葛西が巧みなリードで引っ張り、相手打線に的を絞らせません。
また、センターを守る須藤が準決勝で好守備を見せていました。

12年ぶり6回目の甲子園に向けて戦います。

八戸学院光星

準決勝、サヨナラ勝ちで勢いに乗る八戸学院光星。

1番から9番までチャンスでしっかりと役割を果たすバッターがそろっています。
左右の強打者、左バッター4番の野呂と準々決勝で満塁ホームランを打った右バッターの織笠。
準決勝では、8番を打つ文元が7回裏に逆転のタイムリーツーベースヒット。
1番を打つ佐藤がサヨナラの犠牲フライで弘前学院聖愛との接戦を制しました。

投手は、持ち味の違う6人の投手がベンチ入りしています。
準決勝リリーフで流れを作ったエースでキャプテンの洗平歩人。
ゲームの大事な局面で登板する左の渡部。
準決勝では、今大会初登板、初先発の宇田がゲームを作りました。
先発はここまでの4試合ですべて違う投手、決勝は誰が先発として投げるのか、いつ継投で他の投手が出てくるのか楽しみです。

甲子園でベスト8だった2019年以来、3年ぶり11回目の夏の甲子園出場を目指します。


NHKでは甲子園への切符をかけた決勝戦をテレビとラジオでお伝えします!

テレビ実況:園田遼斗 テレビ解説:石戸谷公造さん 
ラジオ実況:柴田徹 ラジオ解説:鶴飼忠晴さん

でお伝えします!

※葛西選手の「葛」の字は、正しくは人ではなく「ヒ」です。

最新の放送日時はこちら!

この記事に関連するタグ

おすすめの記事

青森ラジオスペシャル『今、青森の防災を考える』

8月27日(土)ラジオ第1 午後2時 青森県内向け放送 この夏、大雨災害に見舞われた青森県。線状降水帯の発生や雨量の多い日が長く続くなど、これまでの青森ではあまり経験してこなかった気象現象が発生しました。さらに雨水が耕作地に流れ込んだり道路が寸断されるといった被害もありました。大雨発生のメカニズムや、被害の影響についてお伝えします。また、復旧の大きな力となっている災害ボランティアや今後の災害への備えについても取り上げます。そして青森市内で行われている防災イベント『教えて!シャモリ いざというときの防災術 in 青森』の会場の様子を中継でお伝えします。 ゲスト:中村智行さん(青森中央学院大学准教授)、堀川あいさん(ご当地アイドル「グルメミュージックユニット」メンバー)、阿見武寛さん(NHK青森気象予報士) MC:北向敏幸アナウンサー 関連サイト 地震や津波、台風といった自然災害。想定される被害や事前に発表される情報の意味を正しく理解して日頃から十分な備えをすることが重要です。「これだけは知っておきたい」という情報をセレクトして掲載しています。

執筆者 編集部
2022年08月23日 (火)