ページの本文へ

  1. トップページ
  2. おすすめ番組
  3. 夏の高校野球 青森県大会 準決勝みどころ紹介

夏の高校野球 青森県大会 準決勝みどころ紹介

執筆者園田遼斗(アナウンサー)、斎藤希実子(アナウンサー)
2022年07月19日 (火)

夏の高校野球 青森県大会 準決勝みどころ紹介

夏の甲子園出場をかけて、59校50チームが出場している
夏の高校野球 青森県大会。

大会はいよいよ大詰め!ことしのベスト4が出そろいました。

まず、準決勝第一試合は青森山田vs八戸工大一高という、
去年夏の準決勝と同じカードです。
リベンジしたいと意気込む八工大一と、ことし県内で負けなしの青森山田。
両チームの特徴や注目選手をご紹介!

青森山田

去年の夏が終わり、新チームになってから県内で負けなし!
ことし春の県大会を制し、東北大会でもベスト4に進出した実力校です。

今大会では3試合ですでに33得点と、打撃が好調。
キャプテンで中軸を担う森川は2回戦で5打席連続のヒットを放ち、
ここまで3試合で13打数9安打と絶好調。
また、2年生川下と、馬場が1本ずつホームランを打つなど
長打力のある選手もそろっています。

さらに、青森山田と言えばバッテリーを中心とした鉄壁の守りが特徴的。
今大会もここまでで、エラー1、四死球は4と安定した守りを見せています。
また3試合で6人のピッチャーがマウンドにあがるなど、
強豪校らしい選手層の厚さもみどころの1つです。
なかでも注目は、打撃でも中軸を担う馬場。
ここまで2試合に登板し無失点。
球速140kmの直球と決め球のスライダーを投げ分けます。
さらにエースナンバーを背負う堀内の登板にも注目です。
ここまで1試合1回とまだ登板の機会は少ないですが、
今後重要な場面でマウンドに上がることが予想されます!

八戸工大一高

1年生の夏からショートを守るキャプテンの砂を中心に
経験豊富な選手が揃うチーム。
打撃で注目は葛西※と長谷地。
葛西は中軸を担い、ここまで2試合でヒット5本。
そのうち2本は二塁打と、今大会非常に打撃が好調です。
長谷地は延長10回の乱打戦となった3回戦の野辺地西戦で大活躍。
10回にセンター越えのタイムリースリーベースヒットを放ち、
サヨナラ勝ちでベスト8進出を決めました。

キャプテンの砂から始まり、4番までの全員が
去年からメンバー入りしている3年生で構成される打線に注目です。

一方、守備では2人のピッチャーに注目。
最速144キロの直球を投げるエース廣野は秋からチームを引っ張ります。
速いテンポで投げ込まれる力のあるストレートが持ち味。
2回戦で公式戦初登板を果たした1年生の金渕は、
ピンチの場面で登板し落ち着いたピッチングを見せ、今後の成長が楽しみな選手です。


準決勝第二試合は八戸学院光星vs弘前学院聖愛。
去年夏の準々決勝の再戦です。

去年の夏は第一シードだった八戸学院光星を弘前学院聖愛が破り、
そのままの勢いで優勝!甲子園出場を果たしました。

八戸学院光星

“打の光星”ともいわれる八戸学院光星。
今年も打線には強打者がそろっています。
投手もエースの洗平歩人投手を中心に6人の投手が継投し勝ち上がってきました。
170人を超える部員がいる八戸学院光星、ベンチ、スタンド一体となった総力戦で準決勝に臨みます。

特に打線での注目は、左右の強打者。
左バッター野呂と右バッターの織笠です。
織笠は準々決勝でセンターバックスクリーンに飛び込む満塁ホームラン。
勝負強さも光りました。
野呂もここまで5打数3安打2打点とバッティングは好調。
準決勝ではホームランが出るのか?
楽しみです!

投手は、エースでキャプテンの洗平歩人を中心に好投手がそろっています。
ゲームの大事な場面でリリーフとして登場する左の渡辺。
洗平歩人の弟の洗平比呂も準決勝、先発として役割を果たしています。
準決勝は誰が先発するのか。継投はどのタイミングになるのかがカギを握ります。

弘前学院聖愛

去年、優勝して夏の甲子園に出場した弘前学院聖愛。
ことしは二連覇を目指します。
葛西※、工藤遼大、髙木、丸岡、齋藤禅と去年の主力も残っています。

魅力は長打力!
ここまでチームとしてホームランが5本。
ベスト4に残っているチームの中でトップのホームラン数です。
キャプテンの丸岡がホームラン2本とチームを引っ張ります!
さらに塁に出ても相手を苦しめる弘前学院聖愛。
盗塁がチームで12個と常に次の塁を狙う姿勢を忘れません。

投手は去年夏の甲子園のマウンドを経験したエースの葛西※。
さらに津川がこの一年で大きく成長しました。
「毎晩、寮の鏡の前でシャドーピッチングをすることでコントロールが良くなった」と本人は話していました。努力家の津川のピッチングに期待です。


実力校同士の準決勝。
決勝進出、そして夏の甲子園出場を勝ち取るのはどのチームになるのでしょうか。

NHKでは、準決勝第一試合、青森山田対八戸工大一を
テレビ実況:園田遼斗 テレビ解説:鶴飼忠晴さん 
ラジオ実況:斎藤希実子 ラジオ解説:石戸谷公造さん

準決勝第二試合、八戸学院光星対弘前学院聖愛を
テレビ実況:柴田徹 テレビ解説:太田守信さん 
ラジオ実況:園田遼斗 ラジオ解説:鶴飼忠晴さん
でお伝えします!

八戸工大一高の葛西選手と、弘前学院聖愛の葛西選手
※葛西選手の「葛」の字は、正しくは人ではなく「ヒ」です。

最新の放送日時はこちら!

おすすめの記事

青森ラジオスペシャル『今、青森の防災を考える』

8月27日(土)ラジオ第1 午後2時 青森県内向け放送 この夏、大雨災害に見舞われた青森県。線状降水帯の発生や雨量の多い日が長く続くなど、これまでの青森ではあまり経験してこなかった気象現象が発生しました。さらに雨水が耕作地に流れ込んだり道路が寸断されるといった被害もありました。大雨発生のメカニズムや、被害の影響についてお伝えします。また、復旧の大きな力となっている災害ボランティアや今後の災害への備えについても取り上げます。そして青森市内で行われている防災イベント『教えて!シャモリ いざというときの防災術 in 青森』の会場の様子を中継でお伝えします。 ゲスト:中村智行さん(青森中央学院大学准教授)、堀川あいさん(ご当地アイドル「グルメミュージックユニット」メンバー)、阿見武寛さん(NHK青森気象予報士) MC:北向敏幸アナウンサー 関連サイト 地震や津波、台風といった自然災害。想定される被害や事前に発表される情報の意味を正しく理解して日頃から十分な備えをすることが重要です。「これだけは知っておきたい」という情報をセレクトして掲載しています。

執筆者 編集部
2022年08月23日 (火)