1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 【高校野球】去年の夏の王者登場!

【高校野球】去年の夏の王者登場!

執筆者園田遼斗(アナウンサー)
2021年07月16日 (金)

【高校野球】去年の夏の王者登場!

大会3日目の7月15日。私が向かったのは弘前市のはるか夢球場!

開幕日から3日続けて気持ちの良い青空が広がり、ライト方向奥には岩木山がはっきりと姿を見せていました。

この日行われたのは、見どころ紹介でも注目していた1回戦の好カード。
柏木農業 対 青森山田です。

先発投手は
柏木農業が、ストレート最速142キロの右投げ2年生
佐藤幻瑛投手。(さとう・げんえい)
青森山田は、最速147キロのストレートを誇る右投げ3年生
藤森粋七丞投手。(ふじもり・いきなすけ)

右投げ・速球派投手同士の投げ合いに注目が集まりました!

試合は、去年夏の独自大会王者の青森山田が、柏木農業・佐藤投手の速球に苦しみながらも、酒井啓大選手(さかい・けいた)のホームランなどもあり、試合を優位に進めます。

1-7と青森山田がリードして迎えた7回裏、青森山田の攻撃。
ランナーを1塁において、最後は鮮やかなヒットエンドラン。
1-8でコールド勝ちを決めました。

勝った青森山田の藤森投手は、5回まで無失点の好投でした。

兜森崇朗監督(かぶともり・たかあき)とキャッチャーの酒井啓大選手は藤森投手の投球について、「いつも通りのピッチング」と口を揃えました。

トーナメント戦は負けたら終わり。

そして3年生にとっては最後の夏。

緊張もある中での“いつも通り”のピッチング。
すごいことだと思います。

敗れはしましたが、柏木農業の2年生佐藤投手は青森山田の打線に対して9つの三振を奪いました。

試合後に佐藤投手に話を聞くと、

「秋までに、変化球のコントロールを磨きます。将来は、150キロを投げられる投手になりたい。」

と大きな目標を話してくれました。

佐藤投手の今後の成長も楽しみです。

勝った青森山田は、18日に青森北と対戦です。

16日は休養日です。

青森県内では気温が高く、日差しが強い日が続いています。

皆さんも体調管理に十分注意してください!

この記事に関連するタグ

おすすめの記事