2020年03月04日 (水)~3月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

3月 鮮魚情報

<日本海側>

◇ヤリイカ・カレイ類・ホッケ

 

<下北から八戸の太平洋側>

◇下北・・・ヤリイカ

八戸は先月マスが散見されたので

今月に期待!

 

<陸奥湾内>

◇ヤリイカ・カレイ類

アンコウ・イワシ

 

◆◇今月のおすすめ◇◆

現在市場に出回っているのは

シナハマグリという種類。

これは日本古来の品種ではないそうです。

 

こちらは茨城産のハマグリ。

こちらは茨城産のハマグリ。

大きいですよね♪

国産のハマグリは地のハマグリ

“地ハマ”という言い方をして

区別しているそうですよ。

 

この立派なハマグリを使って

菜の花と地ハマのお吸い物の作り方を

教えていただきました!

 

『菜の花と地ハマのお吸い物』

《菜の花の下処理》

●菜の花を茎・葉に切り分ける

 

●お湯に塩を少量入れ菜の花を湯がく

※サッと湯がくだけでOK

※目安/茎30秒・葉15秒

 

 

●冷水にとり水けを切っておく

※この時の湯がき汁は捨てない!!

なんとこの湯がき汁飲んでみると

昆布だしのような味がするんです。

コクがあっておいしいから

捨てたらもったいないですよ~。

 

《お吸い物の作り方》

●冷めた湯がき汁・だし昆布

ハマグリを鍋に入れる

冷めた湯がき汁・だし昆布・ハマグリを鍋に入れる

 

●沸騰直前に昆布を取り出し

 アクを丁寧に取る

 

●ハマグリが口を開けたらOKの合図

ハマグリが口を開けたらOKの合図

 酒(大さじ1)/しょうゆ(小さじ1)

 調味料を入れて味をみて

 甘いようなら塩を(小さじ1)入れる

 

●器に菜の花を入れ

 ハマグリと汁を注いで完成!

器に菜の花を入れ、ハマグリと汁を注いで完成!

 

ハマグリは縁起物の食材♪

婚礼や桃の節句などでお吸い物として

出てきます。

 

ハマグリの殻は同じ貝でなければ

両方がピタリときれいに揃わないので

夫婦円満や

ひな祭りに食べると

良縁をもたらすなどと

昔から言われていますよね。

 

おいしいハマグリを食べて

疲れをとりましょう!

 

 

 

 

~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇おおむね順調な入荷

 価格も落ち着いている

◇今後は天候次第だが順調に入荷する見込み

引き続いて落ち着いた価格になりそう

 

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇デコポンなどの中晩(かん)

 いちごを中心に順調な入荷

デコポンなどの中晩(かん)

徐々に露地ものの入荷が増えていて

落ち着いた価格になりそう

 

◇いちごは入荷・価格とも平年並み

 今後も落ち着いた状況になりそう

 

◆◇おすすめの野菜◇◆

◆◇おすすめの野菜◇◆

今回のおすすめはトマト。

この時期は関東産

特に栃木産がメイン。

 

でも・・・

トマトって夏のイメージが強い

冬なのにトマト??

と思った方もいるのでは?

 

夏場のトマトは熟すのが早いため

赤くなる前に収穫するそうですが

この時期のトマトは

収穫ギリギリまで

太陽の光を浴びて赤くなってから

収穫される。

そうすると・・・

非常に味が良くて栄養もたっぷり!

なんですって。

 

お店に並んでいるトマト

種類もたくさんありますよね。

この時期のトマトを使って

様々な料理に使って堪能しましょう♪

 

◆◇おすすめの果物◇◆

こちらは“せとか”

こちらは“せとか”

かんきつの大トロと言われているそう。

 

なんでも香り・食味の良い柑きつを

掛け合わせて

いいとこどりで生まれた品種。

 

“せとか”の特徴

・皮がやわらかい

・簡単にむける

・中の皮も薄い

・みずみずしいオレンジの香り

・トロリととろける食感

・濃厚でジューシー

 

持ってみてびっくりしたこと

思った以上に

ずっしりと重みがあるんです。

それだけ果汁がパンパンに

詰まっているってことですよね。

 

食べると一粒一粒がやわらかいので

口の中でとろけちゃうわけです。

さすが!かんきつの大トロだ~♪

 

食べ方のおすすめとしては

スマイルカットにすること!

スマイルカットにすること!

 

ナイフを入れると

簡単に切れるのもGOOD!

皆さんも、食べたらスマイルが

止まりませんよ~。

 

 

市場情報で

お得な情報をGETして

旬のものを楽しみましょう!

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時54分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲