2019年10月02日 (水)~10月の市場情報~ 宮川香織


~鮮魚情報~

◆◇水揚げ状況◇◆

10月の市場情報 水揚げ状況

<日本海側>

◇ヒラメ・カレイ・ソイ類・ブリ類

<下北から八戸の太平洋側>

◇スルメイカ
◇八戸方面・・・イワシ

イワシは脂があって、しかも栄養価が高い、
値段が安い、食べておいしい!

<陸奥湾内>

◇ヒラメ・マダイ・ブリ類

<養殖ホタテ>

◇成貝の出荷はほぼ終了で、来年に向けて
 分散作業真っただ中
 来年のホタテは、今年以上に期待できるそうですから
 楽しみですね~♬

◆◇今月のおすすめ◇◆

今月は秋サケがおすすめ!

今月は秋サケがおすすめ!
ここ何年か不漁が続いて、店頭から姿を消していましたが、
今年はまずまずの出足ですって。
自分でイクラを作っちゃいましょう。

《イクラのしょうゆ漬け》

漬けダレはしょうゆ・酒・みりん 各同量

これらを鍋に入れて煮切る。
だし昆布を入れたら、冷蔵庫で冷やす。

生筋子を用意して、
ボールに60℃くらいのお湯を用意し
その中へ筋子を入れる。

生筋子を用意してボールに60℃くらいのお湯を用意しその中へ筋子を入れる

熱いうちに筋子をほぐす
※やけどに注意してください。ゴム手袋を使うといいかも!

お湯の中で粒が白くなるので
煮えたのかな?と思っちゃいますが
ちゃんとピカピカのイクラに戻りますから!大丈夫!
筋子がほぐれたら、2~3回ほど水を取り替える。

きれいになったら、ザルに開けて塩を2振り。
まんべんなく混ぜる。

きれいになったらザルに開けて塩を2振り、まんべんなく混ぜる。

この塩を振って~1・2・3!!
混ぜているうちにあら不思議!!
粒がきれいになっていきます。

サッと水洗いをしたら、10分くらい水けを切る

冷ましておいた漬けダレに10分ほど漬けて
ザルに開けたら完成です!!

冷ましておいた漬けダレに10分ほど漬けてザルに開けたら完成です!!

もう、いくらでも見ていられるし
食べれば食べたで、いくらでもごはんがすすむしで
大満足の味!ですね。

 
~青果情報~

◆◇野菜の入荷状況と値動き◇◆

◇全体的に順調な入荷
 価格も落ち着いている

◇今後も引き続き順調な入荷で
 落ち着いた価格になりそう

◆◇果物の入荷状況と値動き◇◆

◇柿・梨・ブドウを中心に、おおむね順調な入荷

◇県産のりんごやスチューベンなど
 ブドウの入荷が増えてきた
 価格は平年並み

◇今後は全体的に順調な入荷が見込めそう

◆◇おすすめの野菜◇◆

今は収穫の最盛期とあっておいしいゴボウがたくさん出回っています。

今は収穫の最盛期とあって、
おいしいゴボウがたくさん出回っています。

青森県はゴボウの生産量が日本一!
夏場に冷たいヤマセの吹く太平洋側が主な産地。

青森のゴボウは肌が白い、香りが強い
身がしまっていて、シャキシャキの食感が
高い評価を受けているんですって。

今岡さんのオススメはカレーにゴボウを入れること!
カレーのスパイシーさの中から
ゴボウからうまいだしが
じわじわと出てきておいしいそうです。

食物繊維が豊富でヘルシーな野菜、ゴボウ。
皆さんはゴボウ料理で好きなメニューは何ですか?

ゴボウを調理するなら
皮の周りにうまみ・香りがあるので
皮は落としすぎないように調理してください。
そして、保存はゴボウを乾燥させないように
日陰の涼しい所や野菜室で保存して下さいね!

◆◇おすすめの果物◇◆

おすすめの果物 今年も順調に生育している柿。

今年も順調に生育している柿。
甘くておいしい柿が食べられるこの時期がやってきました。

まろやかな甘みたまりませんね~。
秋が来たんだな~と柿を食べながらしみじみ・・・

柿は1個で1日分のビタミンCがとれるそうです。
お酒を飲む方は、もうご存じかもしれませんが
二日酔いにもいいそうです。
柿に含まれる成分が、アルコールを分解して
外に出してくれるんだとか。

そういえば・・・居酒屋でお通しに
柿のサラダが出てきたことがあったんです。
旬の果物だから出てきたと思っていましたが
今考えると・・・
二日酔い効果もあってのことかもしれませんね!

全体がオレンジ色ではなく
少し緑色の部分が見られる柿でも
十分甘いそうです。

今夜のデザートは柿で決まり!!

収穫の秋!
たくさん食べたい物がありますね。
来月は何かな~と、私も市場へ行くのが楽しみです。

今週4日(金)のあっぷるラジオでは
『市場のおすすメモ!』のコーナーがあります。

テレビで紹介しきれなかったことなども
ラジオではお話していただいています。
どうぞ合わせてお楽しみください。

 宮川香織

投稿者:宮川香織 | 投稿時間:17時43分


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲